FC2ブログ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
406冊目 敵中漂流
敵中漂流 敵中漂流
デイモン ゴーズ (2000/07)
新潮社
この商品の詳細を見る



評価:☆☆☆


 太平洋戦争の勃発と同時に日本は南方へ兵力を展開、白人諸国が植民地にしていた地を占領し、日本の植民地へ変えた。

 その際、フィリピンで日本軍から逃れ、なんと日本軍が制海権を握っている上に鮫がうろつく海域を全長6メートルの木造漁船でオーストラリアまで辿り着いた米軍パイロットこそ、著者であるデイモン・ゴーズ。

 事実は小説より奇なり、を地で行く出会いと別れ。木造漁船で台風を凌ぎ、珊瑚礁で船を傷め、日本軍に何度か発見され、鮫に後を付けられる。

 その不屈の精神、強靭な体力と危機にあっても自分を失わない冷静さには敵ながら(?)頭が下がる。冒険記として一流であることは間違いない。

 ただ、日本人としては作中で描かれる日本軍への蔑視観には閉口する。同時代の日本人が欧米人を鬼畜米英と呼びけなしていたのと好対照であるだけなのだろうけど。それでも、著者は何度もフィリピン人達の助力や援助を受け、決して日本に売られなかったことから我々は過去の歴史の一部を垣間見ることができる。白人が圧制を敷いていたのを日本が解放したのだという史観では、なぜゴーズが出会った多くのフィリピン人が積極的にゴーズを助けたのか、理解できないことになるからだ。

 複雑な思いを抱かざるを得ないが、それと読み物として面白いかどうかは別問題。そう割り切れば稀代の冒険譚を楽しめるだろう。
関連記事
スポンサーサイト




ノンフィクション | 2007/11/08(木) 23:23 | Trackback:(0) | Comments:(2)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

あの頃のTIMEには日本人の頭骸骨が
オブジェとして表紙に載るくらいだったので、
この人が差別意識を持っていたとしても…
まあ仕方ないのかなと思います。

あの頃から考えると、よく今はみんなで仲良く
暮らしているなぁと思えるのです。
2007/11/10 土 12:55:33 | URL | legend of gerror #mQop/nM.編集

>legend of gerrorくん

このあたりは『容赦なき戦争』( http://skywriterbook.blog68.fc2.com/blog-entry-113.html )に詳しいのですが、どちらも相手を侮蔑しながら戦っていたわけです。
そうでもしなければ戦争なんて出来ないのかもしれません。

アメリカで日系人だけ収容所に入れられたとか、日系二世の軍が二次大戦で奮戦したとか、そういう話を聞くと血に塗れた時代が遠ざかったのはありがたいと思います。

相手を冷静に知ること。それはいつの時代にも真実なのかもしれませんね。
2007/11/10 土 21:01:42 | URL | すかいらいたあ #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する