カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

394冊目 軍隊なき占領―戦後日本を操った謎の男
軍隊なき占領―戦後日本を操った謎の男 (講談社プラスアルファ文庫) 軍隊なき占領―戦後日本を操った謎の男 (講談社プラスアルファ文庫)
ジョン・G. ロバーツ、グレン デイビス 他 (2003/03)
講談社
この商品の詳細を見る



評価:☆☆☆


 ハリー・カーンという人物をご存知だろうか。日本の戦後復興に少なからぬ影響を及ぼしたこの謎の人物は、しかしその影響力とは裏腹にほとんど知られていない。

 知られざる人物がなぜ日本に大きな影響を与えたといえるのか。それは、日本の権力中枢は勿論、占領軍の中核にまで彼の活動が入り込んでいるからに他ならない。そして、重要な節目節目で必ず彼の姿が見え隠れしている、というのはとても興味深い。

 しかしながら、政治の裏面を探る人が陥りがちな罠がある。陰謀論の世界である。一度この世界に迷い込むと、あらゆる偶然が陰謀の符牒にしか見えなくなる。厄介なのは一抹の真実が含まれている場合で、読者には鋭い真実の暴露なのか、はたまた陰謀論の迷妄の顕現なのか分からなくなってしまう。

 残念なことに本書もその幣を免れていないように思う。CIAが自民党に資金を渡して冷戦へ日本を引きずり込んだことは事実だろう。そこに陰謀があったこともまた事実だろう。しかし、著者の主張する陰謀の範囲と事実の上での陰謀の範囲が違うように感じられてしまうのだ。

 そのあたりが残念ではあるが、戦後の日本が辿った復興の道にアメリカの一部グループの意図が大きく働いていたことの指摘は大きいと思う。ハリー・カーンという知られざる人物に迫ることで、表面的な動きだけからは戦後日本の辿った道が窺い知れないことを明らかにしているわけで、その点で著者の狙いはかなりのところ達成されているように思う。

 訳者の問題かもしれないのだが、安易に右翼といった扇情的な言葉を冠しすぎるきらいがある。安保闘争で岸は辞任に追いやられるが、その際にも大多数の国民が反対していたかのように書いているが、自民党の議席推移を見ると、この当時も国民の多数は自民党を支持していたことが明らかである。

 当時の自民党の動きを評価するかしないかとは別に、事実は事実として認めなければならないだろう。この辺りの過激さが無ければもっと説得力を持ちえたのではないかと思うとちょっと残念である。
関連記事
スポンサーサイト

太平洋戦争・二次大戦・現代史 | 2007/10/19(金) 23:52 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。