カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

いろいろあった
 まず宣伝。

 FC2ブログ使っていて、小説以外の本を好む人向けにコミュニティ作りました。名づけて「歴史・科学・ノンフィクションが好きな読書人の集まるコミュ」。センスのない名前なのは仕様です。参加する物好きなひといるのかなぁ。

 なお、本コミュニティは面白そうな本を教えてもらおうという私の下心にのみ基づいて作成されたものです。



 さて、先日愛犬の散歩ついでに買い物に行ったのですよ。嫁の人がアンマンを食べたいというので、、私の買い物分をレジに出して、
 「これと、あとアンマンください」
 と告げたところ、怪訝そうな顔で
 「キャスターマイルドで?
 ……どこをどう聞いたらそうなる。


 さてさて、地球に優しいリサイクル精神で、ここに載せている書評もどきをbk1にも投稿しているわけですが、それが巡り巡ってマイコミフレッシャーズ内のコラム「ビーケーワンが教える本の本音」で取り上げられました。

 こうやって取り上げてもらえると評価されているようで素直に嬉しい。で、読んでみて自分の悪文っぷりに撃沈。文章は冷静になって読んじゃいけないね。夜に書いたラブレターを翌朝読んでみて闇から闇に葬り去る人の気持ちが分かった気がする。


 さてさてさて、私がしばしば覗きに行くところに、二次元至上主義!(リンク先にはアダルトコンテンツ(二次元限定)がありますのでご注意ください)というサイトがあるのですよ。なにやら女性が一斉に引く音が聞こえそうですが、少年犯罪が起こるたびに下らない評論もどきをする人々への手厳しい批判が大好きで。

 でですね、そこにkids gooに弾かれたサイト用のバナーがあるわけです。冗談でやってみたところ……

 このとーりっ!!


 私も仲間に入れてもらおう。。。







 そりゃあ俺の本棚には『ジュスティーヌあるいは美徳の不幸』や『O嬢の物語』もあれば『カザノヴァ回想録』もあるさ。その他、タイトル書いたら怪しまれるような本だってあるよ。で、読んだらUPしようと思ってるさ。上記のはもう読んだ本ばかりなのでここにレビューされる可能性はないけど。

 でも、今のところその手の本は紹介してないんだけどなぁ。



 うーん、総合的に考えて不健全とされるのは分からないでもないのだが、一体どれが当てはまっているのかよく分からん。。。orz
関連記事
スポンサーサイト

雑記 | 2007/10/13(土) 22:18 | Trackback:(1) | Comments:(2)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

領主のユーモアセンス最高ですよ~

いつもニヤリとさせていただいておりますが
今日は声に出して笑っちゃった。
2007/10/14 日 22:44:56 | URL | chsrcat #-編集
>chsrcatさん

chsrcatにそう言っていただくとうれしゅうございます。
この調子で精進したいと思います。

今後も当不健全サイトをよろしくお願いいたします。
2007/10/14 日 23:41:50 | URL | すかいらいたあ #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

■2002/12/08の日記にほのめかしたフランス小説は告白するとサド作『ジュスティーヌあるいは美徳の不幸』(植田祐次訳)である。が、登場人物が「悪の理論」を延々と開陳する場面はよいとして、その種の場面の描写はさすがに通勤電車で朝っぱらから読むのが気分的に辛くな...
2010/01/22 Fri 10:58:23 | 愛と苦悩の日記


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。