FC2ブログ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
383冊目 遺伝子の川
遺伝子の川 (サイエンス・マスターズ) 遺伝子の川 (サイエンス・マスターズ)
リチャード ドーキンス (1995/11)
草思社
この商品の詳細を見る


BK1で詳細を見る

評価:☆☆☆☆


 我々は誰もが川に流されている存在だ。その川は、個人のことなどある意味でどうでも良く、ただ川の流れを保たせるためにのみ極めて効率的に働いている。DNAはそういった力を持っているのである。

 DNAを効率的に後世へと遺すため、生物は多くの物を手に入れることに成功した。精度が高く、我々に豊かな色彩や敵の存在などを教えてくれる目はその最たるものだ。余りにも精巧にできているために、進化ではこんなことできるわけがないという知的怠慢へ逃げ込む人まで出る始末である。

 ところが、生物は、それが必要であるという理由で視覚を何度も発達させてきた。40~60回ほど、独立に視覚が発達したとは驚きではないか。それほどまでに視覚を持つものと持たざるものの間には大きな違いがあったのだ。

 これらの驚嘆すべき特長が、どのようにして得られてきたのかを分かりやすく解説しているのが本書である。例え話の妙で定評のあるリチャード・ドーキンスの筆が冴え渡っているので、興味深い話題が次々に展開されていく様を目の当たりにできる。

 生命の持つ力に驚くことで、きっと自然界をより魅力に溢れたものと理解できるようになるのではないか。知ることは疑問を持つことに繋がる。そこで神などという思考放棄をしなければ、自然はきっと遥かに興味深い事実を教えることで応えてくれるはずだ。遺伝の面白さを余すところ無く語っている名著であると思う。
関連記事
スポンサーサイト




生物・遺伝・病原体 | 2007/09/25(火) 23:28 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する