FC2ブログ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
381冊目 毒―風聞・田中正造
毒―風聞・田中正造 毒―風聞・田中正造
立松 和平 (1997/06)
東京書籍
この商品の詳細を見る


評価:☆☆☆


 本書は日本最初の公害事件である足尾銅山鉱毒事件に敢然と立ち向かい、心骨を削って人々を守ろうとした田中正造の戦いを描いた小説である。

 田中正造については足尾銅山鉱毒事件で、とりわけ打つ手に窮して遂に命を賭して天皇に直訴したことで広く知られているだろう。しかし、足尾銅山鉱毒事件においてなぜ田中がそこまで思いつめなければならなかったかは余り知られてはいないのではなかろうか。

 知られているとおり、上流の足尾銅山の開発によって大量の鉱毒が流れ出し、下流域の農村に甚大な被害を及ぼした。しかし、人々の艱難辛苦はここにだけあったのではなさそうである。

 村人達が爪に火を灯す思いで貯めた資金で行う堤防工事は妨害に遭い、被害を訴えに東京に出ようとすれば騒擾罪に問われる。やがて、谷中村は強制廃村とされる。洪水の原因は保水力が失われたことにあり、その措置として下流の村を廃村とする矛盾。村人が、ただ昔ながらの暮らしをしたいというそれだけの希望を持っているのに、その思いを踏みにじる行政。

 日本が近代化を遂げる中で噴出した矛盾が凝集したとして片付けるのは容易だろう。しかし、そこにある余りの悲劇、あまりの暴挙には、後の水俣などの公害やサリドマイド、スモン、血液製剤によるHIV感染、脳硬膜移植によるクロイツフェルト・ヤコブ病感染、薬害肝炎などの薬害に続く国の姿勢が見える。それは、近代化や一部営利企業の利益を優先して、弱者を切り捨てるという姿である。

 一度権力の側に身を置いても、心は常に弱者と共にあった田中正造は、最後には無一文になるまで救済運動に取り組んだという。その気骨、その強さは今も心を打ってやまない。


 ただ、小説としてはどうなのだろう。田中に巣食うノミやシラミの視点やら、村に住むカエルやナマズに語らせる必要があるのだろうか。即身仏になった行者の話をくどいほどに繰り返す必要があるのか。読み物としてはちょっと疑問の残る構成だったのが残念である。
関連記事
スポンサーサイト




その他小説 | 2007/09/20(木) 21:33 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する