カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

380冊目 タングステンおじさん―化学と過ごした私の少年時代
タングステンおじさん―化学と過ごした私の少年時代 タングステンおじさん―化学と過ごした私の少年時代
オリヴァー サックス (2003/09)
早川書房
この商品の詳細を見る


評価:☆☆☆☆☆


 神経科医で、『レナードの朝』で知られるオリヴァー・サックスは優れたエッセイストでもある。私は脳に損傷を持った患者達との触れ合いから生まれた名著『火星の人類学者―脳神経科医と7人の奇妙な患者』を読んで以来、医学的な探究心と患者への暖かい思いやりを強く感じさせる著者のファンになってしまった。

 本書は著者が子供の頃を振り返ったエッセイである。多くの人には馴染みのなさそうなタイトル、「タングステン」の正体を知れば、サックス少年が科学、とりわけ化学の世界に魅惑されたことが理解できるだろう。

 自前の少年の頃から自前の実験室を構え、ナトリウムなどの反応性に富んだ金属を水に放り込んで燃焼させたり、炎色反応を楽しんだり、希ガスのような反応性に乏しい元素やハロゲンのように激しい反応をする元素の間の違いについて思いを馳せたり、といったことを心底楽しんでいたとは意外だった。そこには後に神経科医として縦横に発揮されることになる知的好奇心が見られるのではあるが、興味の対象が余りにも深く化学に特化されているように思えてならないのである。

 私も化学を学んだ身ではあるが、ここまで化学を楽しいと思ったことはないのではないか。我が身の不明を恥じつつそう思わされた。

 さて、サックス少年を化学の世界にいざなったのは伯父達の影響が大きいようである。その一人が本書のタイトルともなった”タングステンおじさん”である。タングステンの持つ独特の力にビジネスと魅力を感じたであろうこの科学の徒によって、若きサックス少年は化学の世界に誘われることになる。その魅力の伝え方は学校ではとてもできないほど。(どうして学校ではできないかというと、かなり危険な実験も自由にさせてあげていたことなのだろうから仕方がない面もあるのだけれども)

 戦争や身近な人々の死によって動揺した当時の心境を重ねながら化学に魅せられていた日々をつづった一級品のエッセイだと思う。実に驚くべきことに、サックス少年は子供の頃に判明していた化学の知見を幅広く習得し、自らも実験を行っていた。化学を楽しんでいたからこそできることだろう。化学の世界の面白さを縦横に語り尽くしている名著であると思う。異才に驚かされながら、身をもって知ることの楽しさを感じさせてくれた一冊。
関連記事
スポンサーサイト

エッセイ | 2007/09/19(水) 23:32 | Trackback:(0) | Comments:(1)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

 島根県安来市に巨大な工場を構える日立金属が開発した新型工具鋼 SLD-MAGIC(S-MAGIC)は微量な有機物の表面吸着により、金属では不可能といわれていた自己潤滑性能を実現した。この有機物の種類は広範囲で生物系から鉱物油に至る広い範囲で駆動するトライボケミカル反応を誘導する合金設計となっている。潤滑機械の設計思想を根本から変える革命というものもある。
 このトライボケミカル反応にもノーベル物理学賞で有名になったグラフェン構造になるようになる機構らしいが応用化の速度にはインパクトがある。
2012/11/09 金 23:34:26 | URL | キングメーカー2 #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。