カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

378冊目 テレビの嘘を見破る
テレビの嘘を見破る (新潮新書) テレビの嘘を見破る (新潮新書)
今野 勉 (2004/10)
新潮社
この商品の詳細を見る


評価:☆☆☆


 私には役に立たない本。いや、別に人より判断力に優れているから騙されないと言いたいわけではありませんよ。テレビなんて見ないだけです。ついでに、テレビがやらないことは正しいことを言うことくらいだと思っていたりもするのだけど(生放送以外)。

 さて、本書が扱っているのはドキュメンタリーにおける嘘の存在と、それにどう騙されないようにするか、ということである。ドキュメンタリーで嘘といえば、NHKの「奥ヒマラヤ禁断の王国・ムスタン」がやはりかなりの紙幅を割いて解説されている。

 そこで語られている内容は、そのほとんどがかなり突っ込んだものであり、一般人の意識とは随分乖離したところに在るように思う。もっとも、「奥ヒマラヤ禁断の王国・ムスタン」への批判も今になって冷静に見返せば言いがかり的なものが少なからず存在することがわかるのだが。

 たとえば、再現の問題。「奥ヒマラヤ禁断の王国・ムスタン」では高山病になったスタッフが、治った後で高山病の演技をしたのがやらせとして糾弾された。しかし、視聴者の知りたいことが、事実の典型であるのならば、高山病で実際に苦しんだスタッフがその再現をすることは悪事には当たらないと考えて良いのではないか。

 そもそも、生の現実を映したもののみに価値があるという偏狭な思考は、我々が何かを知るための機会を大幅に狭めることになるのは間違いがないだろう。であるからには、どれが赦されない捏造で、どれが赦される映像なのかについて冷静な判断を個人がしていくしかないように思う。

 次にテレビを見るときには気をつけよう(それがいつになるかは分からないが)。
関連記事
スポンサーサイト

ノンフィクション | 2007/09/13(木) 22:09 | Trackback:(0) | Comments:(2)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

レニリーフェンシュタールのオリンピアなんかが、
この部分に該当しそうですね。
当時の映像技術では夜の競技は撮影が出来なかったので、
後日に選手を呼んで取り直しを行ったそうです。
ノンフィクション作品でなく、ドキュメンタリーとしてみるのなら
多少の盛り上げとして捏造が入っていても
構わないんじゃないかと思いました。
2007/09/15 土 08:29:01 | URL | legend of gerror #mQop/nM.編集
レニリーフェンシュタールのオリンピア、取り上げられていました。

事実の再現であるなら私は問題ないと思うのですが、どうなのでしょうね。

存在しない事物を捏造したら問題、といったところに留めるのが落としどころかと思います。
2007/09/15 土 20:07:31 | URL | すかいらいたあ #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。