FC2ブログ
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

361冊目 樹海の妖魔 下 (ラーマーヤナ )
樹海の妖魔 下 (ラーマーヤナ 6) 樹海の妖魔 下 (ラーマーヤナ 6)
アショーカ K.バンカー (2007/01)
ポプラ社
この商品の詳細を見る


BK1で詳細を見る

評価:☆☆☆☆


 陰謀であっても追放の命令は絶対。ラーマは新妻シーターと弟ラクシュマナを伴い国をでる。14年間は国に帰らないつもりで。

 だが、ラーヴァナの暗躍を知った人々は皆ラーマの追放に反対し、ラーマに翻意を願う。ラーマが追放されたことで次の王に指名されたバラクまでも。

 ラーマはこのまま隠遁の生活に入ってしまうのか。コーサラ国はどうなるのか。悪しき企みを実現させたラーヴァナはどうでるか。


 高潔なラーマとその妻として適役のシーターの、カルマに従う姿には、正直そんなに共感はもてない。というのは、カルマという考えは我々には馴染みのある概念では無いし、誓いを護ることの名誉というのも感覚的につかめない。

 だからラーマの生き方には歯がゆい思いをすることも多いのだが、この巻では特にその色彩が強い。それでもラーマが巻き込まれていく騒動に引き込まれずには居られない。

 ここまで一気に読んできたのに、続きはまだ刊行されていないのが残念で仕方が無い。大人しく待つことにする。
関連記事
スポンサーサイト

SF・ファンタジー | 2007/08/07(火) 21:58 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。