カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

28冊目 やわらかな遺伝子
やわらかな遺伝子

マット・リドレー著 / 中村 桂子訳 / 斉藤 隆央訳

紀伊国屋書店 (2004.5)

\2,520

評価:☆☆☆☆☆

 生まれか環境か、という議論はどんなところにもついて回る。しかし、なかなか定量的な議論にはお目にかかれず、環境論者は生まれの影響を否定するし生まれ論者は環境の影響を否定する。

 そんな中にでてきたのが、この『やわらかな遺伝子』である。マット・リドレーは遺伝関係の著書を何冊か書いていて、その分かりやすさと面白さには定評があると言っても良い。そのリドレーが、生まれ-環境論争をどうあしらうか。

 その答えは、書いてもネタバラシにはならないで書いてしまうが、単純な遺伝決定論は間違っているし、また同時に単純な育ち決定論もまた間違っている、ということであるようだ。双子の研究などから、実に多くのことが遺伝で方向付けされることが示され、同時に遺伝決定論では説明のつかない差も生じていることがわかる。

 語られる分野も非常に広く、同性愛や知能といったそれこそ”ホットな”議論に晒されてきたものから外見のようにほぼ争うことの無いところまで多岐に渡っている。また、それぞれの例が面白くて、大著であるにも関わらず読み始めたらどんどん読んでしまう魅力がある。

 遺伝に興味がある人だけではなく、教育論や動物の行動に興味のある方まで、多くの方にお勧めできる本である。遺伝の力を疑い深く思う方も、ぜひどうぞ。事例だけでも面白い本です。
関連記事
スポンサーサイト

生物・遺伝・病原体 | 2004/11/07(日) 10:31 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。