カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

315冊目 エヴェレストより高い山
エヴェレストより高い山

ジョン・クラカワー著 / 森 雄二訳

朝日新聞社 (2000.5)

\693

評価:☆☆☆


 なぜ山に登るのか。そこに山があるからだ。

 そんな言葉を聞いたことがある人は多いだろう。あと、娘さん、よく聞けよ、山男には惚れるなよ、であるが、世の娘さん、安心して欲しい。私は山男じゃないので惚れてくれ問題なしである。

 そんな非山男たる私にとって、最も縁が遠いこの世界を覗きこませてくれたのが本書。著者自身もクライマーで、名だたる名峰を制覇してきたわけではないにしても登山の魅力を感じている人物である。と同時に、237冊目で紹介した『信仰が人を殺すとき』の著者でもある。この本に出会わなかったら登山の本など手に取ることは無かっただろう。

 12編のエッセイで構成されている本書は、正面からなぜ人が登山に魅せられるのかを取り上げているわけではない。それでも山を制覇したときの喜びの大きさが、栄誉が、人々をより高い山へ、同じ山ならより難しい登攀ルートへ、そしてより難しい手段へと向かわせる魔力の一端を垣間見ることはできる。理解はできなくても、知ることができるのは大きいのではないか。

 エベレストをはじめとする8000メートル級の山々に挑むことがどのような意味を持つのか。悲劇と栄光の物語と、それに絡む個性的な人々のおかげで楽しみながら読むことができた。そして、山男には惚れるべきではない理由も分かったような気がする。断崖絶壁にロープ一本でぶら下がり、氷河を超え、命懸けで行うのが、頂上へたどり着くことなのだから。でも、そこにも魅力があることを感じさせる、そんな本であった。
関連記事
スポンサーサイト

ノンフィクション | 2007/05/07(月) 23:53 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。