カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

304冊目 美しき死体のサラン
美しき死体のサラン

ムーン グッチン著 / 上野 正彦訳

青春出版社 (2004.6)

\1,470

評価:☆☆☆


 韓国の監察医が書いた、自分がこれまで巡り会ってきた死体についての本。国や民族を問わず、殺害された人には苦悶や苦痛があり、自殺した人には苦しみがあった。とりわけ、男女の間の話には。

 本書で取り上げられているのは男女関係の中で死に、殺されていった人々。名にしおう強姦大国、韓国のことだから強姦殺人の話が随分と多いように思われた。その被害者の苦しみ、加害者の傲慢さに心を動かされずには居られない心が切々とつづられていて、犯罪に対する憎しみが湧いてくる。著者のような監察医の存在が欠かせないのは犯罪を野放しにせず、犯人を捕えるための強力な手段になるからだ。

 思わぬところから手がかりを得たり、一般人は知らないような知識から鋭い推論をしたり、またあるときは失敗したりと、紆余曲折を経た事件のあらましを語っている。

 ただ、それぞれの事件の話が短すぎ、本の厚さ・重さに比して内容が薄いのが残念。監察医や検死官についての話ではもっと面白い本が沢山あるので、なにもこれを選ぶことはないかなと思ってしまった。
関連記事
スポンサーサイト

ノンフィクション | 2007/04/14(土) 12:40 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。