カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

301冊目 訴えてやる!大賞
訴えてやる!大賞

ランディ・カッシンガム著 / 鬼沢 忍訳

早川書房 (2006.7)

\819

評価:☆☆☆☆


 たとえば、毎週毎週80個もハンバーガーを食べて太った人がマクドナルドを訴えた、となると、なんだこの莫迦は、と思うのが普通だろう。マクドナルドを好きではなくてもついつい既知外がいると大変ですねといいたくなってしまう。

 もちろん、日本だったらそんな既知外は門前払いされて終わりだろうが、まじめに訴訟になってしまうアレな国が実在する。もちろん、我らがアメリカである。

 雪道をシートベルトせずに100キロオーバーで走った挙句に事故死した息子を持つ母親が自動車メーカーを訴えた、というような類の馬鹿馬鹿しい実話が沢山載っている。恐ろしいのは本書で取り上げられているのが全て実話である、ということだ。

 とにかく、読んでいるうちに笑いから怒りへ感情が移っていくのが分かる。こんな既知外と、既知外に便乗してカネをふんだくることばかり考える莫迦な弁護士が溢れかえってしまえば社会が住みにくくなるのは間違いないだろう。

 いまや超被害者意識の塊みたいな人々が余りにも多すぎ、そして彼らの存在が社会を悪い方向に動かしてしまっている、と著者は指摘する。その指摘の一環として莫迦な裁判と裁判に群がってカネをふんだくろうとする困った人々の姿を赤裸々に描いている。彼らの存在が、ただ困った人が居るというだけにとどまらず、(まともな)訴訟の遅延など社会的な害悪であることを示した功績は大きいだろう。

 もっとも、そんな社会的なことなんか考えず、ただひたすら遠い世界の莫迦な出来事として嗤って済ませてしまうのも良いかもしれないのだが。もっとも、あんな莫迦な制度を支える陪審員制を導入しようという既知外じみた国もあるから、嗤っているばかりではすまないかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

ノンフィクション | 2007/04/11(水) 00:57 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。