カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

297冊目 リサイクルアンダーワールド
リサイクルアンダーワールド

石渡 正佳著

WAVE出版 (2004.3)

\1,575

評価:☆☆☆

 リサイクルといえば聞こえが良いし、なにやら環境保護にも役立っているような気もするし、良いこと尽くめのような錯覚に陥る。それが幻想に過ぎないことは『リサイクル幻想』で指摘されていて、非常にインパクトがあった。

 本書は『リサイクル幻想』以降のリサイクル環境について現場の人が詳細にまとめたものである。

 本書を読んでも、やはりリサイクルには実際の利益よりも幻想の方が遥かに大きいことが実感される。そんな体たらくになってしまっているのは、原理的にリサイクルが高コストだということと日本の人件費が高すぎてペイするのが難しいということに加え、政府のやる気がないことも大きな意味を持っていることが分かる。

 一例を挙げれば、中古品の利用は環境負荷という点ではもっとも少ないのだが、GDPには結びつかないからという理由で無視されている。これでは何のためのリサイクルなのか分からない。もっと根本理念を見据え、目的を達成するための方法を論じなければ意味はない。

 それに加え、中国の経済成長が日本のリサイクルにとって極めて大きな意味を持っていることにも驚かされる。そのからくりは本書を参考にしてもらうことにして、とにかく耳に心地よいリサイクルという言葉と、それに莫迦正直に従う我々の善意が、実は何の役にも立っていないことは記憶しておいて損はないだろう。

 リサイクルの現状についてとても分かりやすくまとめられているし、我々が怒りを覚えなければならないことについても恐れることなく踏み込んでいる。このような本が続くことを願う。

 なお、我々が怒るべきなのは、自動車のリサイクル費押し付けである。鉄くずの費用が下がったため、リサイクルコストを我々大衆に押し付けておきながら、今では鉄くずは活況を呈し、大きな利益を生んでいるという。我々はただ無駄にリサイクル費用を払い、そのカネはどこかに消える、というわけだ。たぶん、天下りした役人の懐に。これはもはや、リサイクルを使った恫喝だ。改められなければならないだろう。
関連記事
スポンサーサイト

ノンフィクション | 2007/04/04(水) 23:36 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。