カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

296冊目 嫉妬の世界史
嫉妬の世界史

山内 昌之著

新潮社 (2004.11)

\714

評価:☆☆☆


 嫉妬というと、なんとなく女性が男性に持つ感情のような気がしてしまうのだが、本書が取り上げているのは男同士の嫉妬。著者がイスラム史と国際関係史の専門家であるゆえ、取り上げている人物の幅広さは括目に値する。

 男同士の嫉妬となれば、その対象は才能になる。才能ある人が才能ある人に嫉妬する場合もあれば、才能のない人が才能のある人に嫉妬する場合もある。嫉妬されないのが一番ではあろうが、なかなかそうはいかない。

 嫉妬し、された人々として取り上げられているのは森鴎外やロンメル、トハチェフスキー、石原莞爾といった有名人達。彼らの感情が、あるときには国政すら左右し、あるときにはみっともない諍いだけが後世に記憶されるようになった。

 個人的に面白かったのは、スターリンが名門貴族の末裔で天才的な軍事戦略家トハチェフスキーに抱いた嫉妬。私も無能な人間の一員として、煌くばかりの才能が身近に居たら冷静で居られるか自信がない。

 もちろん、嫉妬はされる側の問題でもある場合が少なくない。尊大すぎて嫌われたカエサルの逸話も興味深かった。嫉妬する側に問題があるのはもちろんだけれども、ただ小人だからと片付けるわけには行かないと実感した。

 有名な人物からそうは知られていない人々まで、男達の織り成した歴史の一ページを楽しむにはうってつけだと思う。
関連記事
スポンサーサイト

その他歴史 | 2007/04/03(火) 23:25 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。