カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

293冊目 戦争で読む「ローマ帝国史」
戦争で読む「ローマ帝国史」

柘植 久慶著

PHP研究所 (2005.7)

\580

評価:☆☆


 戦争大好き柘植久慶の本。古今東西の戦争についてやたら詳しいのだけれども、その文章力の低さも特筆されて良いかもしれない。

 取り上げているのはローマの成立から滅亡に至るまでの数々の戦争である。ローマほどの版図を誇った帝国であるからには南はアフリカ、北はイギリス、そして東は中東と戦いの連続だった。

 中国など他の多くの地域とは違い、帝位を継ぐのには血縁ではなく民衆や軍の支持が重要だった。だから歴代の皇帝達は自ら軍の先頭に立って闘ったし、敗北や弱腰はしばしば致命的な結果をもたらした。なにしろ、市民や軍の支持を失うことは暗殺という結果に直結したのだ。その結果、ローマ皇帝の多くは寿命を全うせず、戦場で死ぬか殺害されるかだった。

 それでも英雄達が陸続と現れた。その最大の者は間違いなく天才的軍略家であり、政治家であり、どうやら人妻キラーでもあったらしいユリウス・カエサルだろう。そのカエサルのガリア遠征やカルタゴとの血で血を洗う抗争、史上唯一の正しい戦争とも言われるスパルタカスの反乱など、有名な戦いからファンにしか知られていないような戦いに英雄達がどのように挑んだのか、そしてどのように死んでいったかが余さず記されている。ローマの大きな戦争の流れについては網羅されていると言って良いだろう。

 ただ、軍事だけで帝国を語るのは無理がある。本書を読んでもローマ帝国の姿は全く分からないし、戦争の背後にあって軍を支えた文化や文明、技術もその姿を垣間見ることができない。数々の戦争のディテールだけを知りたい人には向いているかもしれない。

 ポエニ戦争に興味が沸いた私としては会社の昼休みにちまちまと読む分には十分だった。
関連記事
スポンサーサイト

その他歴史 | 2007/03/31(土) 23:17 | Trackback:(0) | Comments:(4)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

個人的お勧めとして。
ローマの歴史をコンパクトに面白くまとめたのはこれ!とおもっております。
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2-I-%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%AA/dp/4122026016

私の高校時代の愛読書でした。
歴代皇帝の人間っぽさがたまりません。
ええ、けっこうお下品だったのねとか。
2007/04/01 日 22:19:57 | URL | chsrcat #-編集
chsrcatさんからローマ史とは意外でした。
今度探してみます^^

実は今、他にもローマ史についての本を積んでいるのですよ。
内容もそうでしょうが、質量的にも重いのでそれを片付けてからになると思いますが・・・・・・

時間があればいずれギボンの『ローマ帝国衰亡史』にも手を出したいのですが、あれこそ大変でしょうし、悩むところです(笑)
2007/04/02 月 00:16:25 | URL | すかいらいたあ #-編集

ギボンの衰亡史、実は岩波と筑摩、両方で読んだことがあります。筑摩の方が、注記がページの脇にあって読みやすかったです。
6巻以降がなかなか手ごわいです。西ローマ帝国滅亡後の歴史を扱っていますが、ローマ史なのか地中海史なのかわからなくなってきます。また、事実を淡々と記しているので、なかなか・・。塩野さんの著作は、ローマ人の物語、とあるように事実よりは人間に重きを置いた歴史だと思います。
2015/02/21 土 21:26:19 | URL | ゆうちゃん #-編集
えらく古い本にまでコメントありがとうございます!

衰亡史、いつか読もうと思いつつ、サボって読んでおりません。ゆうちゃんさんの古典にまで至る読書範囲の広さには敬服するのみです^^

手に取るなら、お勧めされた筑摩版にしようと思います。ありがとうございました。
2015/02/22 日 08:08:19 | URL | Skywriter #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。