カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

291冊目 UFOとポストモダン
UFOとポストモダン

木原 善彦著

平凡社 (2006.2)

\756

評価:☆☆


 UFOとポストモダンという組み合わせが意外で読んでみたのだが、はっきり言って面白くない。UFOだとか宇宙人というのであれば107冊目で紹介した『人類はなぜUFOと遭遇するのか』および285冊目で紹介した『なぜ人はエイリアンに誘拐されたと思うのか』の方が遥かに面白い。

 なぜだろう。それはやはりポストモダンなのが失敗だろう。身も蓋もない結論だが仕方がない。

 そもそも、哲学と言うのは信仰と一緒で、なにやらありがたいご託宣を盲信するか否定するかどちらかしかない。だからプラトンはソクラテスを否定し、アリストテレスはプラトンを否定した。哲学の世界ではそれしか名を残す方法はない。ピタゴラス学派が怪しげな宗教結社そのものだったという研究もなにやら示唆的であろう。

 近代になって、難しいことはありがたいことというこれまた怪しげな教義が哲学に合流することにより、頭を掻き毟って作者の言わんとすることを解読しようとしなければとても意味がつかめないものに成り果てたのだが、その極地こそポストモダン。だが、仔細に分析してみるとポストモダンで言っていることは言うまでもないことかくだらないこと以外に分類できない。

 で、そのポストモダンを武器にUFO現象を読み解こうとするのだが、いきおいノストラダムスの予言解読に似た様相を呈することになる。ポストモダンのなんとかさんが論じている枠組みがこんなことに当てはまるんですよ!!な、なんだってーーー!!!そ、それは本当かキバヤシデリダ!!!というわけで、牽強付会につき合わされるのが嫌なら読む意味はない。

 腐しているが、まあ一通りのUFO事件は抑えてあるのは見所か。もっとも、否定はしているが論拠を詳しく示さないので単なる否定になってしまっているのが残念。それに、アポロの月着陸は無かったなどという陰謀論や聖書の暗号などかなりアレな陰謀論も一緒に論じているのは興味深い。論じ方はやっぱりポストモダンだけど。

 まとめ。UFOに興味があるなら他の本を読んだほうが良い。
関連記事
スポンサーサイト

未分類 | 2007/03/26(月) 23:50 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。