カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

279冊目 シュメル
シュメル-人類最古の文明

小林 登志子著

中央公論新社 (2005.10)

\987

評価:☆☆☆☆


 人類最古の文明、シュメ(ー)ルについての入門書。シュメルについては世界史で名前を聞いたことがある、という程度の人が大半だろうから、このような本はかの地の理解を深めるのに役立つのではなかろうか。

 世界最古の文明というだけのことはあり、世界最古の法典(今ではハンムラビ法典よりも古いウルナンム法典というのが知られているそうな)、世界最古の物語であるギルガメッシュ叙事詩、世界最古の女性作家、世界最古の判子文明など最古に事欠かない。

 また、地域の先進文明だったこともあり、シュメルの影響はユダヤ教にも見られる。その一つが洪水伝説であり、バベルの塔の伝説である。もともとイスラエルには大洪水を起こすような大河が存在しないため、ノア伝説がシュメール起源だということや、バベルの塔のモデルがバビロンにあったことは知っていた。ハンムラビ法典は四大文明展で見て感激したしギルガメッシュ叙事詩はもう随分前に読んだ。

 それでも知らなかったことが沢山あって、それが嬉しい。小麦の文明でビールが発達したことは知っていても、ビールの飲まれ方は知らなかった。円筒印章は知っていたし見たこともあったが何が刻まれ、どのような意味を持っていたのかは知らなかった。

 断片的にしか知らない文明の人々がどのように過ごしていたのかを垣間見ることができるのと、バランスよく多くの事柄に触れているのが入門書として適しているように思う。王族から庶民に至る多くの人々の生活、辿った歴史には興味を引かれることが多い。

 大英博物館に訪れたときに見た、ライオン退治の壁画がエジプトまで版図に組み入れたアッシュル・バニパル王のものだった、ということはもっと早く知っておきたかった。そうすれば実物を見たときに更に感慨深かっただろうに。知っていることが多いと、博物館などでは楽しくて仕方がないのだろうと、あの時知識不足を悔やんだのと同じ感慨を抱くのだった。

 そんなわけで、歴史を好きな方は楽しく読めるだろう。また、中東の現在に興味がある方も読んでみたら面白いかもしれない。きっと、遥か昔の文明のことであっても知れば今の中東を理解する助けになるだろうから。
関連記事
スポンサーサイト

その他歴史 | 2007/03/07(水) 23:18 | Trackback:(0) | Comments:(4)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

>もっと早く知っておきたかった。
そう思うことが、私などは本当によくあります。
逆に、後からつながった時の気持ちよさというものもありますが。

シュメルはシュメール、として、まさに名前を知っているだけなので、読んでみたい1冊です。
2007/03/08 木 00:30:22 | URL | きし #ImNOtvE2編集
きしさん、コメントありがとうございます。
最初にきしさんのブログを拝見したときにはこんなに歴史の話でお付き合い下さるとは思っておらず、意外で嬉しく思います^^

大英博物館に行って知識の不足を嘆いても、そこから後が続かないダメ人間なので普段は忘れているのですが、こういった本を読むともっと知りたいという思いに駆られます。
知識がつながった時の快感は別格ですから。

この本は新書らしく広く浅くではあってもバランスよく話題を扱っているので、章ごとに見ると物足りない気もしますが入門書としてみるとやはり最適かと感じました。
きしさんがどうご覧になるか楽しみです。
2007/03/08 木 23:51:55 | URL | すかいらいたあ #-編集
一気に読むと読み飛ばしてしまいそうでしたのでちょっとずつ。けっこう時間がかかってしまいましたが、面白かったです。
最初から最後まで、ほ~、と、思いながら。
よいきっかけをありがとうございました。
2007/05/27 日 23:22:44 | URL | きし #ImNOtvE2編集
きしさん、こんばんは。
わざわざご報告ありがとうございます。

新書に相応しく、研究内容を分かりやすくかつ短くまとめ上げているので飽きることなく読めましたね。
もうちょっとつっこんだ歴史にも触れたくなる、そんな感じの本でした。

また何かご紹介できればと思います。
2007/05/29 火 23:58:25 | URL | すかいらいたあ #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。