カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

278冊目 ギャンブルに人生を賭けた男たち
ギャンブルに人生を賭けた男たち

マイケル・コニック著 / 真崎 義博訳

文芸春秋 (2002.1)

\750

評価:☆☆☆


 宝くじが当たったらどうしよう。えーと、まず仕事は辞めるな。日中暇になるからと言う理由でなにか仕事をやるにしても、絶対今の仕事は辞める。そりゃあもう確実に。どれくらい確実かというとコーラを飲んだらげっぷが出るくらい確実じゃ。ほぼ断定。(断定ってどういう意味なのか分かってるのか?ニュースなんかで良く見聞きするけど)

 そんな小市民な私にとっては一生縁のない世界が、現実にあるのだということを知り、かつ遠くから眺めるのは、それはそれで楽しい。1回十万ドルのポーカーに興じ、カードで数億の勝ち負けを繰り返す。ある者はその強さで伝説となり、ある者は浮沈の激しさで名を残す。

 絢爛豪華なラスベガスという都市が、ギャンブルの収益で成り立っているのを見ても分かるとおり、胴元に勝つことはできない。と言っても、どんなやり方をしても絶対に勝てないと言うわけではなく、勝ったタイミングで勝負を止めてしまえば勝てる人もいる。つい熱くなって引き際を誤るだけの話で。

 勝つ人も稀に存在するが、それでもやはり圧倒的多数の人々は負けているわけで、だからこそ稀な勝者の勝ちっぷりが伝説にまでなるのだろう。

 本書にはその世界の有名人が陸続と登場する(とはいっても私はそのなかの誰一人として知らなかったが)。その伝説は面白くもあり、魅力的でもあるのだが、同時に心の中で敬遠する気分が生じるのもまた事実。私はカネが動くところにいるだけで生計を立てている人々に、人間的な魅力は感じることができなかった。ギャンブルとそれに関わる人々とを面白く紹介しようとしているのが目的なのであれば当然の結果かもしれないのだけど。

 名前すら聞いたことのないゲームから誰もが知るブラックジャックやポーカー、ルーレット、競馬と様々なゲームについての確率論や、カジノ相手の詐欺行為にはうならされるし、非合法のスポーツトトカルチョに参加した人が支払いを渋ると奥さんに言いつけると脅す話のようにあちらのお国も奥さんとは強いものなのであるなぁと思わさせられるものもある。

 ギャンブルはどうやってもなくならないのだろう。そこには人をひきつける圧倒的な魅力がある。だからラスベガスは存在できるし、日本ではパチンコや競馬が繁盛している。それが人の性だというのであれば、日本のように収奪にしか思えないほどの返還率しかないギャンブルは潰して、公営のカジノを作っても良いかもしれない。

 そのようになっても、ここに登場する人々のように人生をギャンブルに費やすのではなくて、自分の裁量で使えるカネを、趣味に使ったと言える範囲で使う分には、十分に楽しめるのではなかろうか。ギャンブルそのものにあまり興味を持っていない私にもそれくらい思わせるくらい、ギャンブルに魅力があることは分かった。とは言っても、今後もずっと縁のない世界なんだろう。
関連記事
スポンサーサイト

ノンフィクション | 2007/03/04(日) 21:31 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。