カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

夫婦でダウン
 久々に遠方より帰る。帰るたびに息子が大きくなっていて、その成長をもっと傍で見ていられないことに残念な思いを強くする私。

 物欲や権力欲に欠ける私としては、そんなにお金は無くてもいいから、平日もちょっと本を読んだりお茶を飲んだりする時間があって、家族の傍にいられて、土日はゆっくり子供や愛犬と遊べれば幸せなのだ。

 現在の生活は、そんな私の理想とはまさに対極にあると言って良い。毎月100時間を大幅に超える残業のため、家に帰れば寝る時間。出張先にいる週末は土日のどちらかは仕事に駆り出され、トラブルがあったなら明け方でも容赦なく呼び出しがかかる。仕事のために生きている、そんな感じ。理想どおりに行っているのはそんなにお金があるわけじゃない、ってことだけ。こんな人生に何の意味があるのか。

 そんなストレスを溜め込んで帰ってきたのだが・・・・・・

 なにやら頭が痛い。なぜ折角の休日にこんな目に遭うのだ。平日だったらそれを口実に仕事を休むのに。

 息子の朝ごはん当番の予定だったのだけど、嫁さんに任せてぐったり。まどろんでいると、敬愛するアーティーのプライベートライブみたいなのが浜辺で行われている。その後どういう成り行きかアーティーの前で歌を歌うことになって、マイクの前に立って曲が流れるのを待ったところ、頭から歌詞が抜け落ちていることに気づいて焦る。しかも、曲が流れ始めてから思い浮かぶのは童謡。どうしたことかと愕然としながら目を覚ますと、となりの部屋で嫁さんが童謡をかけていた。折角アーティーが夢に出てきたのにそんなオチかよ、と自分を呪う。

 そんな状態で目を覚ますと、私が帰ったことに安心したのか今度は嫁さんが頭痛でダウン。元気なのは息子と愛犬。ある意味、一番タチが悪い状態だ。

 お昼寝が長かったこともあってなんとかやり過ごしたけど、子供とは余り遊べなかったのが残念。

 夜、ふと気づくと携帯電話に着信記録が。どうやら会社からかかってきていたらしい。2週間に1回しか戻ってこられないのに、そんなタイミングでもまだ仕事の話をさせようとするのか。うんざり。

 小児科医死亡は過労死 時間外、月100時間超 道労働局認定なんて記事があったけど、月100時間は確実。80時間を越えると過労死のリスクが高まるというけれど、その倍くらいやってる。恐ろしいことに、その程度の残業時間は、不真面目な私だからのもので、他の人はもっと長い。毎月200時間くらいやっている人もいる。会社側は全てを勤怠に記入させないので公式的にはそんな長時間労働はないことになっているんだが。それで会社は黒字だってんだから、世も末だ。政治家は残業代を削るとかなんとか莫迦な法案を考え出す前に、この手の奴隷労働を解決するのにこそ力を注いで欲しいものだ。
関連記事
スポンサーサイト

雑記 | 2007/02/24(土) 23:30 | Trackback:(0) | Comments:(2)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ


お疲れ様です。
本当、残業ばかりの人はご自愛下さい。
自分の体調管理・趣味だけではなく、家族サービスも必要になってくるので、既婚者の方々には本当に頭が下がる思いです。
私は家族がいないので、給料も休暇も比較的どうでも良いのですが、やはり残業手当が出ない以上は、残業はしたくないです。まぁ、帰宅してからもパソコンで仕事をしていたりしますが(-_-;)
個人的には、残業時間云々の前に、政府はまず労働者の労働時間の実態を調査する方が先だと思うのですよ。
前世紀の「教育改革」=所謂「ゆとり教育」でも、「ゆとり教育」の是非以前に、文部省(当時)はそもそも、ほとんどまともな調査をしていなかったため、当時の教育現場の現状などをほとんど把握しない状態で「改革、改革」と極めて観念的な制度改革に突っ走っていきましたので・・・ このへん、本当に学習能力がないですね、官庁は。
頭の良い人がいっぱいいるハズなのですが、本当に不思議ですよ。
2007/02/27 火 02:31:46 | URL | オジオン #-編集

オジオンさん、コメントありがとうございます。

これを書いた翌日は、日曜だと言うのに6:30に会社からの電話でたたき起こされました。
ちょっとは自分で判断してくれよ。

本当に、労働者の労働時間の実態を調査して欲しいものです。
労働基準監督署がもっと気合入れて調査して、違法行為はばしばし取り締まってくれればと。

ただ、そんなに気合入れても企業からの献金は減るし、天下り先は確保できなくなるし、おまけに票には結びつかないし、で誰もやりたがらないのでしょうね。
2007/02/27 火 23:57:39 | URL | すかいらいたあ #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。