カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

266冊目 事故と心理
事故と心理

吉田 信弥著

中央公論新社 (2006.8)

\861

評価:☆☆☆


 交通事故について、どうすれば事故を防ぐことができるのかを科学的に追求しようとする意欲作。

 事故、中でも死亡事故を中心に取り上げ、巻き込み事故減少の理由やエアバッグによる致死的事故の回避効果の有無、二輪車が昼間もライトを点灯することの是非など、導入前後の統計データを紹介している。それと同時に、事故を起こす心理についても言及することで、人間と機械という複合的な理由で起こる事故について上手く説明できていると思う。

 また、事故をなくす方法を科学的に研究しようとするだけのことは有り、かなり丁寧に統計を駆使している。そのため、データの解釈にたとえ異論があったとしても、元データを見られるのでこちらにも検討の余地があるのが良い。

 心理という点でも、国内外の事故心理学とでも言うようなジャンルについて述べられているので、事故の背後の心理についてどのような評価と取り組みがされているのかが分かるのが嬉しい。

 ただ、読んでいて引き込まれるほどの面白さはない。文章の面白さや例の面白さでもっと違った結果になったと思うと残念である。

 それでも、事故を減らすには何をすべきか、ということを真摯に追求していくにはこのような本が必要だろう。
関連記事
スポンサーサイト

ノンフィクション | 2007/02/08(木) 23:51 | Trackback:(1) | Comments:(3)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

こんばんは、物色しにまいりました。以前の本をさがそうと思って、←のアーカイブを開こうとしましたが、やり方がわかりませんでした。どうすればいいのでしょうか。

また↑のカレンダーで12月へ行こうとしたら、アクセスが集中していてできませんとFC2が言っておりましたので…。
2007/02/09 金 21:55:57 | URL | VIVA #-編集
VIVAさん、ご無沙汰いたしております。
この時期は生徒さんだけではなくVIVAさんたち教育に当たられる方々も大変ですね。
多くの子に希望する結果が訪れたらと思います。

さて、過去ログですが、Tree-Arciveの年次をクリックしていただければツリーで過去の分が表示されます。
分かりにくいのが難点ですね。

VIVAさんのご期待に沿える本があると良いのですが……
2007/02/09 金 22:07:47 | URL | すかいらいたあ #-編集
カーソルがクリックできる形にかわらないんですね。わかりました。お恥ずかしい。ではまたじっくり拝見します。
2007/02/12 月 22:38:01 | URL | VIVA #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

「事故」と「安全」のお話です。23/200冊目。事故分析の手法:新しい枠組み事故を分析する手法として、修論でも用いたm-SHELモデルや4M-4Eモデルなどがあります。本書ではこれに変...
2007/04/02 Mon 09:19:47 | 創造マラソン


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。