カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

252冊目 王莽
王莽

塚本 青史〔著〕

講談社 (2003.8)

\790

評価:☆☆


 これは凄いことである。何がって、王莽のような無名な上に知られている人には評判が悪い人物を取り上げた歴史小説が書かれたということ。

 王莽がなぜ悪評を立てられているかというと、劉邦の建てた漢を、外戚という立場を利用した禅譲革命によって滅ぼしながらも失政続きでわずか15年しか命脈を保てなかったことによるだろう。おまけにその次はまた漢王朝に復するわけで、王莽が高く評価される余地はない。

 そのような政治的な背景もあるが、現実的にも彼が暗君だったことは間違いない。政治スタイルは復古主義で、いかに現実を良くするかではなくいかに古来のスタイルに合致させることができるかということだけに汲々とする。貨幣改革を何度も行い、その度に経済が破綻して農民は貧民へ転落する。苦しむ人民の存在に正面から取り組まず、古典を読み漁って礼にそむかないようにする人々が人臣を極めて膨大な富を独占する。そんな社会に住みたいとは思えない。前漢王朝末期は要するに政権内の権力闘争の帰結で王朝が変わったのに対して新が人民から見捨てられ反乱の中で瓦解していったのは故なきことではないだろう。

 そんな王莽が主人公というので張り切って読んでみたのだけれども、これが残念なことに面白くない。

 仮にも皇帝に登り詰めた人物である。野望や理想があったはずだ。しかし、これが全然書かれていない。王莽を見込んで先行投資する商人や武人、私欲に溺れる皇帝と、面白くなる舞台をそろえておきながら、王莽自身の書き込みが弱いので(ただでさえ魅力を感じられない人物が)全く魅力的ではない。

 個々のシーンとプロットはあっても生きた人間としての王莽が見えてこなかったのが残念である。
関連記事
スポンサーサイト

その他小説 | 2007/01/10(水) 23:57 | Trackback:(0) | Comments:(2)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

遠く異朝をとぶらふに、で
よく覚えていましたよ、この名前。
(恐ろしいことにこれでも学生時代英語と古文の塾講師だったのだ;;)
うーん、ちょっと読んでみようかなっと。
2007/01/11 木 12:59:51 | URL | chsrcat #4oL03yY.編集
そういえばそんなこともありましたね。
取り上げられているというのは知っていたのですが古典に疎い私に思い出させるには至りませんでした。

さて、王莽は、実は貧しい家の出なのです。
というのは、王莽の父親が早世してしまったので他の伯父たちが栄達する横で王莽一家は恵まれなかったのです。

そんな状態から皇帝まで登り詰めたなら野望があっただろう、と。
個人的にはそこを書いて欲しかったので残念でした。

即位するや対外的には諸外国の扱いを一方的に軽くして戦争を招き、内政的には貨幣改革に失敗してハイパーインフレを引き起こして内乱に至るなど為政者として評価すべき点はないのがまたすごいギャップですので、そんな事態を起こした王莽の思想を語ってほしかった。。。

ただ、その失敗に至るまでの過程は丁寧に触れているので事実の流れに上手く仮構の登場人物を絡めているな、とは思いました。

もし読んでみたら感想教えてくださいね。
2007/01/11 木 23:40:56 | URL | すかいらいたあ #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。