カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

245冊目 にせユダヤ人と日本人
にせユダヤ人と日本人

浅見 定雄著

朝日新聞社 (1986.12)

\459

評価:☆☆☆☆


 ああ、こういう人が博識って言われるんだな、と圧倒される。私も過去の人生で少なからず博識だの博覧強記だの生き地獄だのと言われたことがあるのだけれども、それはあくまで一般人の間での話で、こういった地に足のついた、深くて広い知識とは無縁なのだ。

 タイトルだけから何の話か分かった人は政治的な話に詳しい人だろう。右とか左とか南京事件の論争とか。そう、本書はイザヤ・ベンダサンという架空の日本在住経験のあるユダヤ人をでっちあげて日本人論(という名の再武装論)をぶった山本七平の『日本人とユダヤ人』を批判する本である。一冊丸々他人の批判を読んで楽しいのかと聞かれたら、楽しいと答える。なぜなら大人気ないから。

 これを読むと『日本人とユダヤ人』がいかに決めつけと暴論でできているかが良く分かる。もともと、日本の再軍備や旧日本軍の擁護を目的に設定しながら社会論として書こうとした所に破綻の元があったのか、論旨が一貫していない。その結果として論の前提とする部分までその場の都合で切り替わるといういい加減さ。なぜこれが一世を風靡しえたのか疑問に思わずにはいられないのである。

 ついでに浅薄な知識を振りかざすことで突き当たる壁がある。山本は聖書についてもギリシア語についても実に適当なことを書いているようで、おかげで随分と頓珍漢な文章を眺めることになった。もって他山の石としたいところである。

 で、これらへの批判がまた容赦ない。英語、ギリシア語、日本語、聖書学、日本史、世界史と実に広い分野で徹底的にやっつけている。そのやっつけかたも多くの原著に当たり、論拠をはっきりさせるという見事なもので感心させられる。『日本人とユダヤ人』を評価する人はぜひ一度読んでみて欲しい。その政治的な立場や発言に同意するかどうかは別に、いろいろ学べる点が多いと思う。

 『日本はなぜ敗れるのか』で面白い視点と考えを示してくれた山本七平が、こと政治の絡む話となるとこんな無茶までやっていたといのもまた興味深い話である。政治には人を狂わせる何かがあるのかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

ノンフィクション | 2006/12/25(月) 23:03 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。