FC2ブログ
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

241冊目 オッペンハイマー
オッペンハイマー

中沢 志保著

中央公論社 (1995.8)

\754

評価:☆☆☆☆


 ロバート・オッペンハイマーは原爆の父として知られる。マンハッタン計画において科学部門を取りまとめていたことからその別名が付けられているという。

 オッペンハイマーは優れた才覚を持つ科学者でありながら自らは研究に従事せず、個性的な科学者たちの取りまとめに奔走した。彼の人柄もあり、多くの科学者たちが無理を聞き入れ、不自由を耐え(潤沢な予算を使って思う存分研究できたというのは間違いなく巨大な魅力だったにしても)、原爆開発を成功に導いた。このあたりの流れは『千の太陽よりも明るく』などに詳しい。

 少なからぬ科学者が原爆の使用結果についてショックを受けたようで、彼もその一人だった。広島のような軍事拠点を持つ都市であったとしても、都市全体を破壊しつくすことの不条理さに遅まきながら気付いたのだ。

 ところが、冷戦期になるとアカ狩りの中でオッペンハイマーは公職から追放される憂き目に遭う。アメリカとソ連が熾烈な軍拡競争を繰り広げた、その渦中の出来事であった。その追放の原因となったのは、オッペンハイマーが水爆の研究に反対であったことと、ソ連も含めた核の管理体制構築を訴求していたためである。

 私のように共産主義に対して芳しい評価をしていない身には、オッペンハイマーの主張は甘いように感じられる。ソ連であればアメリカが手を引いたと見れば秘密裏に自国だけで水爆を研究していたことは間違いない。それは、条約で禁止された生物化学兵器の開発を極秘に進めていたことからも明らかだろう。ソ連で研究に従事し、後にアメリカに亡命したケン・アベリックによる『バイオハザード』は生々しくその事情を明かしている。

 それはともかく、なぜオッペンハイマーは核の共同管理体制を目指したのか。原爆の開発に尽力しながらなぜ水爆には反対したのか。そしてなぜ追放されるにいたったのか。このあたりの事情を、当時の社会事情などを織り交ぜながら分かりやすく解説している。人間的魅力に溢れたといわれるオッペンハイマーを原爆の開発により多くの無辜の人々を虐殺した犯罪者と断罪するのは余りに容易ではあるが、得るものが少ない見方であろう。それよりも、彼が何を希求し、なぜ原爆が投下されたのか、を問うのであればオッペンハイマーの人生からは学ぶことが多いのではなかろうか。

 それにしても、次の国家的な大計画は、兵器ではなく科学の発展に向けてもらいたいものだと思わずにはいられない。ブッシュがぶち上げた、火星への有人探査がそれになるだろうか。(ならないだろうな……)
関連記事
スポンサーサイト

ノンフィクション | 2006/12/19(火) 00:25 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。