FC2ブログ
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
233冊目 NASA宇宙探査の驚異
NASA宇宙探査の驚異

中富 信夫〔著〕

講談社 (2001.6)

\1,260

評価:☆☆☆☆


 過去に人類が行ってきた宇宙開発の歴史をまとめた本。初版が2001年ということもあって情報はやや古いが、執筆時点での広範な話題を集めているので大まかな流れを掴むには丁度良いと思われる。

 人類がその調査の対象としてきたのは最も身近な月をはじめ、太陽と太陽系惑星(本書では冥王星も含めて記載されている)、衛星、小惑星、彗星などの太陽系内にあるほとんどの種類の天体である。その探査計画がどのように進められ、おおまかにどのようなことが分かったのかを一通り知ることができるので、人類の活動領域が思ったより広いと思うようになるのではなかろうか。

 天文に多少の興味がある方ならマリナーだとかガリレオといった探査機を知っているだろうから、成果は面白いのではないだろうか。

 また、宇宙では地球上よりも天体観測に有利という特長がある。というのは、地球上からの観察ではどうしても大気による光の散乱などを考慮しなければならなくなるが、空気のない宇宙からだと高い精度で遠い銀河の観測を行える。パルサーや不思議な形をした銀河など、興味深い話題が沢山ある。

 身近な太陽や月についての情報も触れられているので、地球に多大な影響を与えたこれらの天体がどのような姿をしているかを知ることができる。もちろんこのような惑星ができて我々がこうしていられるのは数学的な確率論で解けることなのだろうけど、それでも奇跡の惑星という言葉が浮かんでくる。

 もう一つの魅力は図版が多いこと。カラー、白黒で実に多くの図版が用いられている。文字を読まなくても十分に楽しめると思う。美しさと不思議さを感じられるだろう。天文学への興味を掻き立てるのは間違いないと思う。

 ただ、この本、はっきり言って英語が読みこなせる人は読む必要ありません。NASA欧州宇宙機関に行った方が良いでしょう。ついでに日本の状況をJAXAで把握しておけばもうほとんど網羅したといっても良い(ソ連とその後のロシアについてはサイトからは分からないけど)。それでも宇宙開発に興味がある方は図版だけでも眺めてみて欲しい。
関連記事
スポンサーサイト




その他科学 | 2006/12/06(水) 23:27 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する