カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

226冊目 お言葉ですが…
お言葉ですが…

高島 俊男著

文芸春秋 (1999.10)

\540

評価:☆☆☆


 タイトルの付け方が上手い。言葉に関するエッセイなのだが、「言葉についてのことですが」ということと、タイトルから想起される「その言葉の使い方はいかがなものか」という二つの意味が込められている。

 これで内容についてもほとんど説明できてしまうわけであるが、評をこれで止めてしまうのは余りに手抜きなのでもうちょっと。

 漢籍、中でも論語や戦国策、史記、唐詩などは昔の教養だったこともあってそこから採られた単語や成句は沢山ある。また、漢字の意味は日本語だけからは追いかけることができないのは当然で、中国で使われていた意味を知り、それが日本に入ってきてどのように受け入れられ、変質して来たのかを把握しなければ言葉の正しさは論じられない。漢籍に関する深い知識を有することは日本語を論じる上での欠かせない能力といっても過言は無かろう。

 思うに、著者は漢籍についての深い知識を有する最後の世代に属しているのではなかろうか。深くて広い知識を縦横に駆使して言葉の怪しげな使い方に異議を唱えるエッセイはやはり面白い。これが浅薄な思い込みにのみ基づいていたら興ざめなのだが。

 そしてもう一点、本書の魅力を高めているのは、著者の確固とした信念が一本筋を通していることにある。立つところが固まっていることは視点のブレをもたらさない。なので、主題の絞られていないエッセイでありながらどこか筋が通っているように感じられる。言葉へのこだわり、とりわけ日本語への愛情を感じさせられる一冊。
関連記事
スポンサーサイト

エッセイ | 2006/11/26(日) 16:15 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。