カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

変なトラックバックがやたらと増える
 いつも来てくださっている方にはもうバレていることだろうけど、このブログは人気があるわけでも無いし世間から高く評価されているわけでもない。一部の方が過剰なほど評価してくださっているのは本当に嬉しいし有難いが、ネット界は勿論のこと、ブログ界においても辺境の地であるというのが実態だろう。

 それでも私の無秩序な読書傾向は多くの単語を文章中に含むことになり、結果として検索エンジンにひっかかりやすくなっているようだ。駄文を読んでくださる方々全てに感謝したい。

 だけど、来訪者が増えるということは怪しい人々もやってくることにつながる。

 聖書の暗号【the bible code】聖書の暗号が示す2006年とはなんてところからトラックバックされているが、『聖書の暗号』がやったように、適当な間隔で文字を飛ばして読めばどんな文章でも預言書になりうるというのは数学的に証明されている。

 このあたりは春田館(本館)で肝にして要を得た批判がされているのでそちらを是非ご覧頂きたい。重要な人物の暗殺にデューク東郷(ゴルゴ13)が関わっていることが聖書の暗号方式から導き出されるなど(イツァーク・ラビンロバート・ケネディの例)、その馬鹿馬鹿しさは折り紙つき。こんな愚説を未だに信じられる人がいるという、そのこと自体が驚きだ。

 もう1件、経皮毒を知って経皮毒を防ぐデトックス大作戦なるサイトのダイオキシン吸収の新ルート・経皮毒とダイオキシンという記事がある。読んでみるとこれが噴飯もの。

合成界面活性剤が水道水に含まれる塩素に反応して
ダイオキシンが発生するという説や

塩素系漂白剤の使用によってダイオキシンが発生する、
という説もあるのです。

と、いうことは・・・・

私たちの身近な日用品である、洗剤や漂白剤を使うことで

ダイオキシンが発生し、

そのダイオキシンを、皮膚から体内に吸収している、
という経皮毒ルートが考えられます。

台所洗剤やシャンプー、リンス、漂白した下着やタオルを使うと、
恐ろしいダイオキシンが体内に・・・
(同サイトより)


 ○○○という説があるという紹介だったはずが、いつのまにか確定した事実になってそれを元に恐怖を煽るというどうしようもない論理構成である。そもそも、ダイオキシンなんてものは自然状態でも発生している。塩分があるところで火が燃えれば自然と発生するのだ。である以上、人類が地球に誕生する遥か昔から一定量のダイオキシンは地上に存在してきたのである。なので、その程度の濃度ではそもそも生物に多大な害は与えない(与えているならとっくの昔に生物は死に絶えている)。そういう常識を身につけて欲しい。

 ダイオキシンの害を認めるとしてもまだ問題がある。大体、塩素系の漂白剤を使ったとしても、そこからダイオキシンを生み出す有機化学反応がそうそう簡単に進むわけではない。燃焼炉で高温下におかれるのとは訳が違う。説がある、ということから安易に想像を広げるべきではない。

 それにしても、こういったTBをする人々は余程文章読解力が無いのだろう。私のサイトをちょっと辿ればたちどころにこの手のネタに対して懐疑的であることが分かると思うのだが。というわけで、トラックバックもコメントも、相手の立場を考えてやりましょう、ということですね。

 加えて、アダルトを含む宣伝目的のトラックバックが多いので、日々禁止ワードを追加している。今やコメントやトラックバックにコンタクトという単語すら禁止なのだ。もしコメントできないという問題があったら、適当に単語を減らしていただけたら助かります。たとえば宇宙人とのコンタクトに成功した、なら宇宙人と巡り会った、とか。もちろん、宇宙人と出会いました、だと弾かれます。理由はご想像の通り(笑)。世知辛い世の中ですね。
関連記事
スポンサーサイト

雑記 | 2006/11/25(土) 19:09 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。