カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

144冊目 ニッケル博士の心霊現象謎解き講座
ニッケル博士の心霊現象謎解き講座

ジョー・ニッケル著 / 皆神 竜太郎監修 / 望月 美英子訳

太田出版 (2000.3)

\1,995

評価:☆☆☆☆☆

 この世の中には科学では説明できないことがたくさんある。

 当然のことだ。全てのことを科学で説明できているのだとしたら、現在これだけの科学者が存在する理由がない。

 しかし、冒頭の言葉は、そういった意味ではない。ポルターガイストや超能力、第三種接近遭遇(一見難しそうだけど、その実態は宇宙人に会っちゃいましたというだけのこと)、妖精、天使、、霊魂、奇蹟に予言に怪物、イタコの口寄せなんとか占いスピリチュアルカウンセラーと胡散臭いことを信じるのに使われるのだ。

 しかし、これらの不思議とされていることを丹念に調べていくとただの悪戯や勘違いに行き着いてしまう。

 本書では霊媒と心霊写真、幽霊目撃談、ポルターガイスト、悪魔・悪鬼・魔女、天使と聖母マリア、狼男・吸血鬼・ゾンビ、妖精遭遇事件といった事象を丁寧に追い、どこにも不思議がないことを示す。

 交霊会やポルターガイストなどがいとも簡単に信じられてしまうのは、人がそれを信じたいからだ。愛する人を喪った後でもその人の想いは残っていて欲しい。そんな強い願望は容易に死後の世界を信じる思いに行き着く。信じれば、どんなに根拠薄弱な現象であっても自分の思いを証明する確固たる証拠になってしまうものなのだ。

 たとえばシャーロック・ホームズの生みの親、コナン・ドイルは死後の世界を信じ、妖精の写真にころりと騙された。この事件は、あのホームズの著者がいかに合理的判断力と縁遠かったのかを教えてくれていてとても面白い。ドイルも自分の思い込みを証明するものであれば見境なく飛びついてしまう。人間とはそうした弱いものなのだ。

 我々は批判精神を磨くために、まずは過去から学ぶのが良いだろう。心霊写真とされたものがどれほどいい加減なものなのか、知っておいて損をすることはない。

 そういった点で、とても役に立つし世間を啓蒙する好著である。賛成反対、どちらにしても興味がある方は目を通すべきだろう。

 誤解が無いように付け加えておくと、本書では上記のものが無いと主張しているわけではない。今まで死後の世界や妖精の存在を証明するとされた事件や証拠がどれほどインチキなのか、を指摘しているだけであり、無いことの証明をしているわけではない。

 最後に。心霊や予言などの不思議が世界から無くなってしまったとしても、それでも世界は美しいし楽しい。その上、不思議にも満ち溢れている。自然に隠された不思議を楽しむほうが、少なくともここ数千年も解決していない死後の世界の有無に悩むよりも楽しいのではなかろうか。
関連記事
スポンサーサイト

反疑似科学・反オカルト | 2006/06/11(日) 11:58 | Trackback:(0) | Comments:(2)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ


スカイライターさんって職業なんでしょう?
専門雑誌の編集者とか?
占星術のホロスコープでは1976年1月生まれだと冥王星が天秤座11度に来ているので、サビアンで見ると"博覧強記"というキーワードが出てくるんですね。あとはスカイライターさんの頭脳で検証してみてください。
2006/12/27 水 10:20:58 | URL | 獅子児 #6GgKOieI編集
不特定多数に個人的な情報を晒す気はありませんので、詳細にはお応えできませんが、私は文筆業およびそれに関連する職業には就いておりません。技術系ですので無関係といった方がいいでしょう。そう誤解いただけるだけの文章を書いていると思うと誇らしくもなりますが(笑)

さて、私自身は占星術を全く信じておりません。というのは、これが未来を予言するのにどうしようもないほど失敗してきた事実を知っているからです。

なにせ、占星術者たちはお粗末極まりないことに自分たちが専門とすべき天文のことについてすら外しまくっています。

天王星以遠の惑星を誰が見つけたか、木星以遠の衛星を誰が見つけたか、考えてみたら明らかでしょう。

おまけに私と同月生まれでも博覧強記とは程遠い人々を大量に見てきたことと、私が敬意を抱く博識な方々がいずれも1976年1月生まれではないことを考えると占星術の実力など高が知れていると思ってしまいます。

ですので、そのようのものを離れてご判断いただければ幸甚です。
もしよければまた遊びに来てください。
2006/12/30 土 01:12:18 | URL | すかいらいたあ #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。