カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

218冊目 科学が明かす古代文明の謎
科学が明かす古代文明の謎

金子 史朗著

中央公論社 (1998.9)

\1,995

評価:☆☆☆☆


 紀元前218年、カルタゴの名将ハンニバルは象軍を引き連れてアルプスを踏破、ローマに迫る。ハンニバルの名を高らしめ、現在までも勇名を轟かせることになる一連の戦いの勃発である。

 この戦争そのものについては多くの人々が題材として取り上げており、大まかな流れを追いかけることができる。ハンニバルあるいはポエニ戦争をキーワードに検索してみると多くの書物、サイトに出会うことができるだろう。

 しかし、そのハンニバルが引き連れた象の出自は?となるととたんに情報量が限られてくるのではなかろうか。ましてや
彼らがどのようにして山越えを行ったのか、ということになると。峠は岩で通行不能になっていたそうである。その岩をハンニバルの工兵隊はどのように片付けたのだろうか。

 そんな歴史の裏にある科学の謎に迫っているのが本書である。エジプトのミイラ作製技術とそれにまつわるアスファルト貿易の話、隕鉄を用いた鉄器の製造、アンコールワットに見られる見事な建築の材料となった石材の出自、火山に埋もれたポンペイの在りし日の姿、アレクサンドロス大王とその父マケドニア王フィリッポスおよび大王の師アリストテレスの政治、フランス海中に沈む古代の壁画から読み取れる先史時代ヨーロッパの自然環境など幅広い話題で科学から語ることのできる多くの知見が書かれていてとても面白い。

 特にハンニバルには多くの分量が割かれていて著者の思い入れが伺える。象の種類から北アフリカの古生物にまで話が及ぶその話題の奔放さがすばらしい。遺体を腐敗させずに保存するためにアスファルトが役立つことや、英語でミイラを表す「mummy」がアラビア語の「mumiya」(瀝青=アスファルトの原料で処理したもの)に由来することなど断片的な知識としてだけでも意外な話題が満載なのも魅力を高めている。また、歴史の流れに地質学を当てはめるとどんなことが分かるのかということも普段気に留めていなかったので新たな視点を提供してくれた。

 さらに、著者が実に博識で多くの文献に当たりっていることで、面白く意外なエピソードを多量に提供してくれながらも決して異端にはなっていないことも本書を特徴付けているのではなかろうか。著者の推測はきちんと推測であることが明記される丁寧な姿勢も慎重さと真摯さを感じさせてくれる。歴史と科学の交わる、そんな交点の面白さを教えてくれた一冊。
関連記事
スポンサーサイト

その他科学 | 2006/11/13(月) 23:52 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。