カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

211冊目 戦争を知るための平和学入門
戦争を知るための平和学入門

高柳 先男著

筑摩書房 (2000.6)

\1,260

評価:☆☆☆


 はっきり言って、タイトルに偽り有り。これを読んでも戦争についての理解はあまり深まらないでしょう。もし戦争の原因や展開、抑制方法を知りたいのであれば、多少専門的になるが『戦争』の方がずっと優れた本だと思う。ただ、この本が『戦争』と異なるのは話が戦争にのみ特化されておらず、ODAのあり方についても提言されていることか。

 本書ではまず平和学というのはどのようなものかということから説き起こし、冷戦と冷戦を支えた理論的背景、第三世界の軍事化、アイデンティティを巡る戦争、開発主義、印パ核実験、コソボ空爆に見られるNATOのあり方と話題が多岐に渡っている。

 これだけの話題を取り上げながら本文は200ページ足らずの薄い本なので、一つの話題をあまり深くは掘り下げていないが、多くの話題を眺めることができるという点ではお得かもしれない。特に、印パの核実験の話題などは北朝鮮を巡る緊迫した事態もあることからなじみやすいのではなかろうか。

 ただ、やはり薄手の本ということで私にとってはちょっと物足りない。アイデンティティの戦争として旧ユーゴスラヴィアの分裂とそれに伴う地域紛争が取り上げられているが、『ドキュメント戦争広告代理店』で描かれたようなアメリカにおける情報戦が決定的な影響を与えたことなどは触れられていないことが残念である。

 二次大戦におけるゲルニカや重慶の爆撃から広島・長崎を経て今も正当化がされ続ける空爆について、コソボを例に挙げている。ここではNATOの存在意義を示すための爆撃を指摘する。もとより評者にはその真偽を確かめる術は無いが、アメリカにしても欧州にしても軍事的な存在感を示すということはタイミングもあり方も難しいものなのだろう。

 で、これだけ眺めてきて、では平和に対して具体的な提言があるのかというと、そうでは無いような気がする。戦争と、持続可能な発展と、という観点で様々な事例を取り上げているような気がしてしまう。平和は大事ですよ、というような感性に訴えるだけの無意味な平和愛好家とは一線を画していてしかるべき組織がしかるべく軍備を持つことに批判はしていないので、立地点が現実的で掘り下げればもっと面白くなっただろうと思うと残念である。
関連記事
スポンサーサイト

未分類 | 2006/10/28(土) 12:09 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。