カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

207冊目 地中生命の驚異
地中生命の驚異

デヴィッド・W.ウォルフ著 / 長野 敬訳 / 赤松 真紀訳

青土社 (2003.5)

\2,520

評価:☆☆☆☆


 地球の生命圏というのは、実はそう大きくは無い。地球そのもののサイズが通常の生物から見ると非常に大きいのでそんなことはないような気がするかもしれないが、生物の分布は事実上地表とその近辺に過ぎない。そう思われていた。だが、無生物状態と思われていた地下数キロのところまで細菌が繁殖していることが分かったのはそんなに遠い過去の話ではない。

 地下は酸素が届かない。でも、それだけが無生物状態と推測された理由ではない。繁殖に酸素を全く必要としない嫌気性細菌は沢山知られている。猛毒を出すことで知られるボツリヌス菌などが嫌気性細菌に属する。ちなみに、1歳までの乳児に蜂蜜を与えてはいけない理由は蜂蜜の中は無酸素状態なので微量のボツリヌス菌が存在するリスクを抱えているからである(大人には無害なレベルしか存在しない)。

 地下は地熱によって高温になる。おまけに岩盤によって高圧がかかることになる。しかも代謝に必要な物質の循環が想像できなかった。これだけの悪条件が揃えば生物が存在できないと考えていたのもあながち早計とは言いがたいだろう。

 だから、地下深くまで生物圏が広がっていて、その細菌たちが鉄の酸化還元反応からエネルギーを取り出すことで安定した生態系を作り上げていることが分かったニュースは大きな驚きをもって受け入れられた。しかし、地下深くの探索は容易ではなく、地下生物圏の探求はまだまだこれからの分野である。日経サイエンスでは2006年9月号でNEWS SCANにてメタンハイドレート層付近で生息する古細菌が見つかったことを報じる記事で地下生物圏の解明につながる可能性を論じている。今も極めてホットな話題なのだ。

 それを知っていたのでタイトルを見て飛びついたが、嬉しい誤算だった。私は一冊丸々地下の細菌ワールドかと思っていたのであるが、予想に反して超深度に住む細菌の発見以外にも豆類の根と共生して窒素固定を行う細菌、ダーウィンが長期間観察したことで知られるミミズ、地下に巨大なコロニーを作るアリやプレーリードックなど細菌に限らず地下に住む様々な生物の生態および彼らのもたらす影響が詳細に記されている。

 ミミズやプレーリードックの地下活動がどれほど大きな影響を与えるか、読んでも俄かには信じられないくらいである。人目につかない暗い地下にこれほど豊かな生物圏が広がっているということはそれだけで十分に魅力的な話で、その上にまだまだ分かっていないことばかりであるということが好奇心を掻き立てる。きっと地下生物についてはどんどん新たな知見が得られていくことだろう。その報せを楽しみに待ちたい気分にさせられた。
関連記事
スポンサーサイト

生物・遺伝・病原体 | 2006/10/24(火) 23:43 | Trackback:(0) | Comments:(2)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

すごい良い本に巡り会えたね。
ミミズやプレーリードックって
そんなに大きな影響を与えていたのか…。
2006/10/25 水 11:33:51 | URL | legend of gerror #mQop/nM.編集
あんなちっぽけな生き物が地中の物質循環を通して地上にも大きな影響を与えているというのは驚きです。

これからは彼らに敬意を払わなければ。
2006/10/25 水 22:22:54 | URL | すかいらいたあ #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。