FC2ブログ
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
204冊目 女の子はいつも秘密語でしゃべってる
女の子はいつも秘密語でしゃべってる

ジョージー・ヴォーゲル著 / 木村 博江訳

草思社 (2003.5)

\1,470

評価:☆☆☆


 異性と接しているとなぜ彼ら(彼女ら)は同性とかくも異なるのかと思うことがある、という人は多いのではなかろうか。私も男性として、女性の振る舞いには自分の理解を超えたところがあるのを認めざるを得ない。

 たとえば女性同士の話を聞いていると、話す人が変わるたびに話の内容も変わって、それでいて話をするという行為自体はずっと続いていく。これは私から見たらとても気持ち悪い。もちろん、男同士で話をしていてもどんどん脱線していって、ふと気がつくと当初の話とは全く方向の違うことで熱弁を振るっているなんてことはありがちなことである。しかしながら、男同士の場合には当初の話からの脱線は誰もが認識している点が女性の場合と異なるように思う。

 こうしたことについては様々な本が出ていて、既にこのサイトでもいくつか紹介したこともある。本書もそんな一冊なのかと思いきや、実のところ、これは女性である著者の体験を中心とした話で、包括的な話を期待していたら肩透かしを食らう。

 もっとも、事実に近づくには理論や分析結果から辿る方法と、要素を構成する個々の事例を取り上げる方法があり、どちらがより優れているかは問うのが間違いである。場合によって適した方法をとれば良い。

 私にとってはもっと包括的に理論立ててストーリーを組み立ててくれた方が好みに合う。個人的な好みで申し訳ないが、『男の子の脳、女の子の脳』のような本の方が面白いと思う。

 そうは言っても、(きっとフェミの強いアメリカでは許されない言い方だろうけど)女性ならではの観点から、女性同士の付き合いの深さと広さが書かれているので発見は多かった。女性なら共感して頷き、男ならそう言われればそうだよなと納得させられるのではなかろうか。
関連記事
スポンサーサイト




未分類 | 2006/10/21(土) 13:24 | Trackback:(0) | Comments:(2)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

フェミの強いアメリカで育ったけれど
性差は当然だと思っているねこでございます。
という前振りをあらかじめした上で・・・

女性の発想は、基本帰納法だと思います。
なぜなら、うちの母も妹も私もそうだからです(笑)

Skywriter さんは男女の性差ということに
非常に敏感でいらっしゃるので
女性として話をするのに、とっても楽ですわ。

あー、で、あの本の講評ですか?!(汗)
えー、善処いたしますです。ぴゅんっ(逃)
2006/10/22 日 22:15:22 | URL | chsrcat #-編集
私はどうしても演繹的な思考をするように思います。
興味を持つ対照も人間同士の関係だとか心の動きとかよりも客観的で観測や計測や検証が可能なことばかりですし。

なので、私の場合は男女の性差に敏感というよりもむしろ、男女の差そのものが興味深くて面白く、女性あるいは男性のとりがちな行動というのも外側から関心があるように思います。

先日お邪魔した時にそんな感じのことを大量に喋りたおしてしまったのでご存知かと思いますが^^;

あの本に関しては、まあ、アルコールの席ででも(笑)
2006/10/22 日 23:54:17 | URL | すかいらいたあ #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する