カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

200冊目 遊牧民から見た世界史
遊牧民から見た世界史

杉山 正明著

日本経済新聞社 (2003.1)

\900

評価:☆☆☆☆


 遊牧民族の歴史を解き明かすのは大変な困難を伴う。農耕民族と違って定住するわけではなく、文字も持たなかった人々の記録は、定住して文字を持つ人々に頼らなければならない。となると、強者であった遊牧民に支配された層が書く歴史という構図ができあがり、必然的に怨みや恐怖が過剰に描かれることになる。おまけに支配者たちが活動するところには記録者が行かないので、動的な生活のほんの一部しか取り上げられないということになる。

 そんな、考えてみれば当たり前のことを本書の指摘をみるまで気がつかなかった私は相当に鈍いのだろう。そんな鈍い私にとって、遊牧民を中心に据えた本書は視点の新鮮さと東西の歴史をつなぐダイナミズムに溢れ、読むのが楽しかった。

 遊牧民族が生活の中心としたのは中国の北、満州周辺から遥かモスクワを越え、中東、ヨーロッパにまで至っている。遊牧民族の建てた国々の興亡、その背景にある離散集合の仕組みや集団の営みを知ることで、西欧文明が世界を支配する前の時代に、既にユーラシアには世界帝国が確かに存在したことを納得するようになるだろう。

 世界史の授業で聞いたアヴァール人だとかマジャール人だとか中国史で欠かせない匈奴や鮮卑、モンゴルについて今までと違った目を向けられるようになったと思う。

 ただ、良くも悪くも著者の想いが強く出すぎているように思う。自分の専門に熱意を抱き、それを上手く伝えるという点では成功しているかもしれないが、筆が走りすぎているように感じられて一歩引いてしまうのは否めない。そこがちょっと残念。
関連記事
スポンサーサイト

その他歴史 | 2006/10/09(月) 19:16 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。