FC2ブログ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

199冊目 百年の遺産
百年の遺産

岡崎 久彦著

産経新聞出版 (2005.7)

\700

評価:☆☆☆


 本書が扱っているのは1853年のペリー来航から1952年の日本の再独立まで。幕末から占領終了が100年というと長いようで意外と短い感じがするが、この間には日清、日露戦争、一時大戦、二次大戦と多くの戦乱があった。これは日本だけの話だけではなく、アジアの植民地化が次々に進む中で各国がしのぎを削っていた中に武力衝突も少なからず含まれていたわけである。

 日本も下手なやり方をしていれば世界の趨勢に負けて植民地化されていてもおかしくなかったのは間違いの無い事実だろう。ロシアの膨張政策は外洋への自由な航行を補償するためにも太平洋とロシアを遮断するかのごとき日本と敵対したわけで、これは後にソ連が日本の敗北のどさくさにまぎれて北海道まで占領しようとしたことにもつながっていく。

 少しでも隙を見せていれば猛禽のような大国によって日本が四分五裂の占領地となっても不思議はなかったのを、巧みな政治及び軍事運用によって免れ得たことは奇蹟といってもよいかもしれない。本書が説き起こしているのはこの辺りからで、読んでいて手に汗を握るようなシーンが多い。

 虎口を逃れた日本は自国の利益と安全を保障するため、大陸を舞台に覇権国として振舞っていく。その結末はご存知の通り、泥沼のような対中国戦争と太平洋戦争への邁進によって日本は破滅の道を歩むことになる。

 特に日華事変前後からの流れは政府も冷静な姿勢や実力に見合った振る舞いを忘れ、目先の小さな勝利に酔った勢いだけで無謀な道を突き進んでいるわけで憤りを禁じえない。その辺りも著者自身の想いが伝わってくる。

 明治維新から敗戦までを実にコンパクトにまとめていると思う。

 しかしながら、日本を擁護する姿勢が強すぎるようにも思う。太平洋戦争がアメリカに圧力をかけられた結果として始まったことは私もその通りだと思うが、そのような状況に追い込まれないようにするのが優れた政治家のやらなければならなかったことで、その無策をこそ非難しなければならない。本書でも松岡や近衛に関してはかなり非難されているが、それとは別に太平洋戦争はアメリカの圧力、とするようにしているのはどっちつかずに感じられてならない。

 論調としては、保守派ながら不善は不善として認めるというところか。もっとも、この時代はまだあまりに生々しいためにどのように書いても誰かからは文句を言われる難しさが付きまとっているのは事実である。どの本をとってもそういった不満は付きまとうだろう。そういった点を踏まえて読むのが良いのかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

太平洋戦争・二次大戦・現代史 | 2006/10/04(水) 23:28 | Trackback:(0) | Comments:(2)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

松岡さんはヒトラー大好きだったけど、
三国防共協定の頃に、別の道を進んでれば
また別の未来があったのかなぁ…と思った。

でも、歴史に「もし」はダメだったっけ…。
2006/10/05 木 22:04:29 | URL | legend of gerror #mQop/nM.編集
三国同盟は政府の知らないところで話がどんどん進んでいて、気がついた時にはもう締結しか道が残っていなかったんですよね。

三国同盟が無ければ確実にその後の歴史は変わったでしょう。アメリカが参入したかったのはヨーロッパでの戦争でしたし、チャーチルからも熱心に督促されていました。

歴史に「もし」は許されないといいますが、歴史研究ならともかくとして、現実にはそこから学べることが多いと思います。

たとえば、今は将来に対して複数の選択肢を持っていますよね。それこそ北朝鮮への対立姿勢を改めるとか、中東との係わり合いの仕方を変えるとか、ぎくしゃくしている中国韓国との関係を更なる対立に持っていく、あるいは対話の道を探るとか。(あくまで、私がそうすべきと思うわけではなくてそういう選択肢もあるというレベルの話です)

過去の時点でもそういう選択肢はあったはずですよね。なぜその状況でその選択をしたのか、違う選択をしたらどうなっていたのか、を真摯に探求するのはむしろ良いことだと思いますよ。
荒唐無稽なのはいかがなものかと思いますけど。(日米が同盟して中国を分割したらどうなったとか、対米戦争に勝利したら、なんてのは無茶な話ですからそういうことを想定してはいけません)

これについてはまたいずれ別の本で触れることになるかと思います。
2006/10/07 土 12:26:28 | URL | すかいらいたあ #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。