カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

193冊目 眠れぬ夜のグーゴル
眠れぬ夜のグーゴル

A・K・デュードニー著 / 田中 利幸訳

アスキー (1997.5)

\2,625

評価:☆☆☆


 グーゴルと、と聞いてもなにがなにやらさっぱり分からないけど、なにやら検索エンジンのグーグル(google)みたいな語幹だなぁなどというのが普通の方の感想ではなかろうか。

 グーゴル(googol)とはある数学者が作った単位で、数えようも無い、とてつもなく大きい数を表している。書いてしまうと、10000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000となる。ゼロが続きすぎて普通の感性が麻痺してしまうところだ。おまけにゼロが多すぎるために書き損じる恐れも多々ある(とはいえ、このレベルになるとゼロが1つや2つ前後しても誰も気にしないだろうけど)。通常10100と書き、10を100回掛け合わせた数字を意味する。グーグルはこの数にちなみ、ネット上の膨大な情報をグーゴルに喩え、かつその情報を余さず組織化しようという壮大な目論見から名づけられている。

 本書はそんなタイトルから想像が付くとおり、数学、なかでも身近な世界に現われる数学についての本である。たとえばスポーツの世界でよく聞く、ツキという言葉。あれは純粋に確率の問題で片付けることが出来てしまう。また、宝くじをはじめ、ギャンブルで得をする確率など、面白い話が載っている。アメリカ版の宝くじについての当選率は日本と比較すると面白いのではなかろうか。

 全体として面白くはあるのだけれども、類書と比較すると突込みが浅い。話題自体は広く、面白いのではあるが、どうもその点が残念に思えてならない。

 確率がどれほど多くのことを物語ってくれているのか、興味がある方は手にとってみてはいかがだろうか。
関連記事
スポンサーサイト

数学 | 2006/09/22(金) 01:26 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。