カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

138冊目 狂気の偽装

狂気の偽装




岩波 明著

新潮社 (2006.4)





 



評価:☆☆☆☆
ふと気が付けば、多くの人が精神病の専門用語を知っている。しかも、自分ももしかしたら特定の病を患っているかもしれないと思う人も沢山いる。およそ、他の分野では考えにくいことだ。

 そのうちの一部の方は実際に精神疾患を患っているかもしれない。しかし、実はそのほとんどはマスコミが事件が起こるたびに面白おかしく精神医学の用語を濫用し、世間に広めてしまっていることに原因がある、と本書は指摘する。

  たとえば、PTSD。この病気は、戦場や災害、事故現場などで悲惨な光景を目の当たりにすることで継続的な精神症状を訴えることだ。ところが、いまやほん の些細な家庭の問題ですらPTSDという言葉で語られてしまったりする。それも、症状が全く異なるような場合にまで応用される。

 似たようなことに、アダルト・チルドレンが挙げられる。これも本来はアルコール依存の親の元で育った子供についてのことだったのに、正しい理解のないまま不必要に範囲が広められ、病本来の姿がゆがめられてしまっている。

  このような現状に対し、臨床医としての立場から冷静に精神疾患がどのようなものなのかということを明らかにしているのが本書である。その過程の中で、世間 に誤った形で広められてしまっている上記の説や、誤解されがちな統合失調症、自閉症などの原因について丁寧に追いかけている。

 また、現在進行形で騒がれているゲーム脳についても取り上げられている。

(略)正直なところ、このゲーム脳という概念は、批判する価値もないほど無意味で根拠のないものである。ただの戯れ言と言ってもよい。しかし、マスコミはさっそくこれに飛びついた。

これに対し精神科医の斉藤環氏はインターネット上で、「森さんと言う方は、脳波の初歩的知識すらない」と斬り捨て、以下のような批判をしている。

(略)
 この方は脳の専門家を名乗ってはいますが、経歴から考えても、おそらく脳のことを何一つ知りません。この本はトンデモ本と言われていますが、ユーモアや芸にも欠けておりますから、これは単なるスキャンダル本でしかありません。



  といったように、マスコミが飛びついていてさも正しいように報道されているとしても誤っていることは多々ある。精神疾患を面白おかしく取り上げ、いいかげ んで誤った情報が蔓延する中で、このように冷静な本が出版されたことはとても望ましいことだと思う。センセーショナルな言葉や概念に飛びつく前に、このよ うな本を読んでおくと過ちから逃れやすくなるのではなかろうか。
関連記事
スポンサーサイト
医学・脳・精神・心理 | 2006/05/30(火) 23:16 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。