カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

131冊目 ミュンヘン
ミュンヘン

マイケル・バー=ゾウハー著 / アイタン・ハーバー著 / 横山 啓明訳

早川書房 (2006.1)


評価:☆☆☆☆


 1972年9月5日。ミュンヘンのオリンピック会場内、イスラエル選手村に8人の男が侵入、選手とコーチを殺害し、9人を人質に取る大事件が発生した。犯人グループはパレスチナ解放機構(PLO)傘下のテロ組織、黒い九月(ブラックセプテンバー)だった。不手際も重なり、人質全員と警官1名および犯人のうち5人が死亡、3名が捕らえられるという結末を迎える。イスラエルとパレスチナ。今も解決されていない問題は、かつては世界中を巻き込んだ武装闘争だったのだ。

 イスラエル側は報復として非常の手段を採ることを決める。黒い九月幹部の暗殺である。その最終目標は、PLO議長アラファトの側近、アリ・ハサン・サラメ。彼は、イスラエル独立戦争で絶大な力を発揮し戦いの渦中で戦死した父ハサン・サラメの軌跡をたどるように、PLO内で頭角を現し、やがて血塗られた王子の異称を持つ残忍なテロリストとなっていった。

 本書は1972年5月のサベナ航空機ハイジャック事件で幕を開ける。背後で糸を引いた者こそ、アリ・ハサン・サラメだった。そこで場面は父ハサン・サラメの時代に戻る。アリ・ハサン・サラメを語るには、父ハサン・サラメを避けて通れないから。そして驚くべき親子2代の歴史が明かされる。

 パレスチナとイスラエルの闘争は、イスラエルの覇権確立とともにパレスチナが辺境へ追いやられ、すべてを失う歴史となっていった。それとともに、黒い九月の作戦は、無計画ではないが無秩序で世間の支持を失うものとなっていく。一度解き放たれた暴力はどちらかが破滅するまで終わらない傾向があるのかもしれない。イスラエルからの暴力の主体はモサド。モサドと黒い九月の血で血を洗う抗争を緻密に、読みやすく書いてあるのは見事である。名前しか知らなかったような個別の事件が、紛争の一連の流れであることが実に良く分かったのが収穫。

 中東和平に感心のある方は必読といっても良いのではないだろうか。
関連記事
スポンサーサイト

ノンフィクション | 2006/05/13(土) 14:02 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。