カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

179冊目 一杯の紅茶の世界史
一杯の紅茶の世界史

磯淵 猛著

文芸春秋 (2005.8)

\714

評価:☆☆☆☆


 きしさんのゆっくりと世界が沈む水辺でにて紹介されていたこの記事を読んで面白そうだから購入した本。紅茶好きの私にとってはタイトルだけで興味が沸くのを抑えられなかった。

 本書は紅茶が緑茶から誕生した経緯から、イギリスの貴族に好まれるようになり、やがて大量生産の時代を迎えて多くの庶民の嗜好品となり現在に至るまでの歴史をまとめている。

 紅茶と世界史のつながりで言えば、アメリカの独立戦争の契機となったのはボストン茶会事件や、中国との輸出入バランスを適正にするために仕組んだアヘン戦争が有名で、それはもちろん知っていたのだけど、イギリスが植民地でどのように紅茶栽培を行ってきたのかについては全然知らなかった。紅茶を巡って世界は様々な動きをとってきたのだ。嗜好品の少なからずがそうであるように。

 そういった、紅茶そのものの歴史、そして紅茶に振り回された人間の歴史そのものも面白いのだが、本書を更に面白くしているのは、著者の紅茶への愛着だろう。

 なにせ、様々なところに取材に赴き、その地で飲まれている紅茶を味わって、その感想まで述べているのだから、紅茶を好む人間には羨ましい話が沢山ある。そしてまた、紅茶が様々な風土を持つ地域で、その地域に見合った飲まれ方をしているのを見ると嗜好品の需要の違いが見えて面白い。酒が食べ物とともに進化したのと同じように、紅茶もまた地域の気候や食生活と密接なつながりを持っていたのだ。

 そして最後は紅茶の科学的に正しい入れ方についてである。紅茶好きのイギリス人による、イギリス人らしいユーモアの混じった話である。ミルクティーを作るときには、先にミルク→紅茶の順で注ぐのか、あるいは逆なのかを科学的に判定したイギリス王立化学会が発表した「完ぺきな紅茶の入れ方 」についてはご存知の方も多いだろう。好まれているからこそこんなユーモアまで生み出す紅茶の世界を覗くことができる一冊。紅茶好きは必見だろう。
関連記事
スポンサーサイト

その他歴史 | 2006/08/22(火) 23:28 | Trackback:(0) | Comments:(4)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

ありがとうございます。
こちらで知った本を私が読むことはあってもその逆などないと思っていました。
178冊め、気になるなぁと思っていたくらいで…。
不思議な気分です。
2006/08/23 水 01:40:50 | URL | きし #ImNOtvE2編集
きしさん、こんばんは。
素敵な本のご紹介、ありがとうございました。
この本を読んでいくと飲みたい紅茶が沢山出てきて困りました。
まさかそのために世界旅行するわけにも行きませんから(笑)

面白い本を求めてまたお邪魔します。
2006/08/25 金 14:56:23 | URL | すかいらいたあ #-編集

 「紅茶の世界史」という説明文(授業で読みました)にも紅茶の歴史が書いてありました。その中でも紅茶好きのイギリス人による、イギリス人らしいユーモア がありました。曰く
「世界のわれわれイギリス人は、世界の商業・金融上、きわめて有利な地位にいるために、地球の東の端からもちこまれた茶に、西の端のカリブ海からもたらされる砂糖を入れて飲むとしても(そろぞれ船賃も保険料もかかるのだが)、なお国産のビールより安上がりになっているのだ」というイギリス人の歴史家の言葉を思い出しました。

 長々とすみません。
2006/08/25 金 15:22:05 | URL | googoo #-編集
googooさん、こんばんは。再訪ありがとうございます。

イギリス人のユーモアとロシア人のブラックジョークは素敵ですよね。
授業で、とおっしゃいますと、googooさんは学生なのでしょうか?私には遠い昔の世界です(笑)

こんな話題に合わせたかのようなニュースがありました。
<a href="http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060825-00000014-jij-int">1日3杯の紅茶が健康増進</a>
さすがイギリス人、紅茶の効用は彼らに聞くのが一番みたいですね。
また、紅茶好きには嬉しい話でもあります。
そんなわけで、明日も紅茶を飲もうと思います。
2006/08/27 日 02:08:10 | URL | すかいらいたあ #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。