カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

121冊目 鼻ほじり論序説
鼻ほじり論序説

ローランド・フリケット著 / 難波 道明訳

バジリコ (2006.3)


評価:☆


 やってくれたぜ、バジリコ!

 と思って飛びついたのだが、これはとんでもない駄作。この手のものはすごーく真面目に書いたら面白くなるのに全編中途半端なパロディなのががっかり。プレイボーイみたいな雑誌に載るような読者からのセックス相談をパロディにしているのは面白かったけど。

 とんでもないジャンルのものを真面目に書いているのでは、たとえば『fの性愛学』なんてのがある。大きな声では言えないけど、ずばりフェラチオの通史である。これはもう心底真面目にその歴史や文化を語っているわけで、そこに面白さがあった。こういう風にやってくれたら良かったのに、残念。

 この書評を読んで、評者はいったい何を読んでおるのかと思われた方、あなたは正常です。
関連記事
スポンサーサイト

未分類 | 2006/04/26(水) 10:23 | Trackback:(1) | Comments:(2)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

はじめまして。僕も鼻ほじり論読みました。これは面白いですね~。仲間がいたようでつい書き込みしてしまいました。また訪問させていただきます。
2008/05/10 土 10:19:53 | URL | 国土交通大臣 #-編集
国土交通大臣さん、はじめまして。

私としては、もっともっと真面目に書いて欲しかったなと思った作品でした。
大きいのが取れたときの隠微な快楽。
それについての徹底して真面目な考察が欲しかったのに、本文から著者自身が遊んでしまっている感じがあったのが・・・・・・

でも、この企画を通す人々がいただけでも私は満足です(笑)
2008/05/11 日 00:41:23 | URL | Skywriter #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

今回ご紹介する本は、鼻ほじりに関してローランドフリケットが鼻ほじり愛好家に対して世に贈りだした本である。 ココまで真剣に鼻ほじりについて語った本は無いのではないかと思われる。(全く調べてはいない...
2012/02/26 Sun 23:17:20 | 好奇心の塊魂!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。