カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

119冊目 しあわせの書
しあわせの書

泡坂 妻夫著

新潮社 (1987.7)


評価:☆☆☆☆☆


 泡坂妻夫がまたすごい小説を書いてくれたものだ。私が初めて読んだ氏の小説は『生者と死者』で、これは16ページごとに綴じ込みがしてあり、綴じ込みをそのままに読むと短編が、開いて読むと中編が現れるというすごいものだった。短編はちょっと不思議な話なのだが、中編ではそのすべての謎が明らかになる上、登場人物も増え、なんと後書きまで読めてしまうという始末。つくづく感嘆したものだ。本書はそれには適わないかもしれないが、やはりすごい小説だ。ネタを言いたくてたまらない。

 怪しげなヨガの達人、ヨギ・ガンジーが挑むのは怪しげな新興宗教団体の謎である。死んだと思われる者が姿を見られたり、不思議な事件が起こっていく。トリックそのものはそんなにすごいものではない。だが、しかし、ああ、言えないけど、ものすごい秘密が隠されているのだ。読んで確認して欲しい。私は他のシリーズも読んでみたくなった。
関連記事
スポンサーサイト

推理小説 | 2006/04/23(日) 22:59 | Trackback:(2) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

≪採点(読むなび!参照)≫合計:68点 採点内訳へ≪梗概≫二代目教祖の継承問題で揺れる巨大な宗教団体“惟霊講会”。超能力を見込まれて信者の失踪事件を追うヨギガンジーは、布教のための小冊子「しあわせの書」に出会
2006/08/17 Thu 23:37:09 | 読むなび!(裏)
泡坂妻夫氏「しあわせの書 迷探偵ヨギガンジーの心霊術」読了しました。個人的なことですが、早めの夏休みをとり、3泊4日の旅行に行ってきましたが、そんな旅先シリーズの第1弾。先に謝っておきますが、本書最大のトリックは、読了しても気がつかず、ネットをあらさがし
2007/06/17 Sun 08:34:58 | 流石奇屋~書評の間


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。