カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1664冊目 地中海 (地域からの世界史)
地中海 (地域からの世界史) -
地中海 (地域からの世界史) -

評価:☆☆☆


 今の国境線と各々の国の文化を考えると、ヨーロッパとアフリカ、そして中東は別の文化圏のようにも見える。強いて言えば、中東とアフリカにはイスラームという共通項があるくらいか。

 しかし、歴史的に見れば、地中海を挟んでヨーロッパ、アジア、アフリカは深く結びついていた。アレクサンドロスの帝国が、あるいはローマの支配地域が重なるのは偶然ではない。そこは、外国とは思われていたが、1つの世界であったのだ。

 本書は、この広い地域を1つのまとまりと捉え、歴史の流れを追いかけている。メソポタミア、エジプト、ギリシア、ペルシア。そうした地域はアレクサンドロスの帝国に飲み込まれ、ローマの支配するところになる。イスラームが興ってからは、十字軍とアラブの攻防があったり、スペイン側からのイスラームの侵入があったりと、やはり地中海を1つにまとめて考えたほうが歴史を理解しやすくなると感じさせられた。

 こうした地理的な連続性があるから、ギリシアの知はイスラムが保存し、ルネッサンスとして花開く土台を作ったのだろう。

 欲張りなことに、スエズ動乱のような現代史まで取り上げているので、駆け足で数千年の歴史を駆け抜けていることになる。詳細を知ることには向いていないが、視点を変えることには十分に役立つことだろう。

関連記事
スポンサーサイト

その他歴史 | 2015/07/09(木) 19:11 | Trackback:(0) | Comments:(1)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

このコメントは管理者の承認待ちです
2017/01/18 水 21:55:51 | | #編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。