カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1661冊目 技術の歴史 3 地中海文明と中世 上
技術の歴史 3 地中海文明と中世 上 -
技術の歴史 3 地中海文明と中世 上 -

評価:☆☆☆☆


 技術にも歴史にも興味があるので、図書館の蔵書を「技術 歴史」で検索してみたらこんな本がヒットしたのですよ。これは読まずに居られない!と思って申し込んで見たら、やたらとゴツイ本が出てきたのでびっくり。とりあえず、驚きは顔に出さずに借りてきました。本のサイズに27cmとか書いてあるのを見なかったこちらの敗北です。

 閑話休題、ぱらぱらとめくってみたら、農具、陶器やらガラス細工、家具といった様々な技術を丁寧に取り上げた本であった。土器を得たことで液体の貯蔵ができるようになったり煮炊きができるようになったりと、人類文明は大きく変わっている。なので、原始的なものといえども侮れないのである。

 地中海世界の技術史ということで、ギリシアの宴会でワインを薄める(ワインを生で飲むのは蛮族のやることだと言われていた)混酒器や、ワインの貯蔵に用いられたアンフォラが触れてあったり、アンフォラが見つかる地域はギリシアと交易していたことが分かることからギリシア人の商人が訪れていた範囲が分かるのは面白い。

 農具については、犁についてかなりつっこんだ議論がされている。農業についての知識がもっとあったなら、価値を深く知ることが出来ただろうにと思うとちょっと残念。

 面白かったのは、ガラスについて。エジプトで発達したというのは、ガラスがケイ酸、つまりは砂からできていることから考えると納得。関心するのは、主に金属酸化物を用いてガラスの着色が行われていたところ。実用性だけではなく、芸術性も求められていたというのを見ると、人間の感性が今も昔も変わっていないことに安心する。

 鉱山の模様が中世以降の日本の金山と比較されていたり、軍事技術について「ギリシア火」と呼ばれる瀝青やナフサを詰めた火炎瓶のような兵器が紹介されていたりするので、読者の興味を引くことはできていると思う。

 が、いかんせん、専門的に過ぎる。余程の物好きでないと読まないだろうし、読む必要も無さそうだ。一方で、歴史について勉強するなら、バックグラウンドとなる知識は大量に詰まっているので、役に立つことだろう。知的好奇心だけで読むなら、気になる項目を拾い読みすれば十分だと思う。
関連記事
スポンサーサイト

技術 | 2015/06/29(月) 23:26 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。