カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1657冊目 イェルサレム (世界の都市の物語)
イェルサレム (世界の都市の物語) -
イェルサレム (世界の都市の物語) -

評価:☆☆☆☆


 ユダヤ教が多神教から一神教へ変わり、キリスト教が生まれ、イスラム教の聖地をも抱えるエルサレム。その歴史はなんと4,000年前にまで遡ることができる。

 エルサレム周辺の地域は、ヨーロッパとアフリカとアジアを結ぶ回廊として、古くから大国同士が角逐を繰り返す場所だった。エジプト、アッシリア、新バビロニア、ペルシア帝国、アレクサンドロスの帝国、ローマ、ムスリム諸国と、様々な民族や王朝がこの地を支配している。おまけに、各宗教が聖地を抱えるものだから、更に争いは増し、平和な時代でも巡礼者への対応には悩まされる。

 そんなエルサレムに視点を当て、建設から現代に至るまでの歴史を追いかけているのが本書。

 少なくとも近現代以前の日本の歴史には全く絡んでこない地域なのに、世界史の授業等で名前くらいは知っていることが少なくない。バビロン捕囚、アレクサンドロスはともかくとして、その後のプトレマイオス朝エジプトとセレウコス朝シリアの争い、そしてナザレのイエスが煽動罪で十字架刑に処されたところであり、ムスリムに支配されてからは数次にわたって十字軍が送り込まれた。

 個人的には中世よりも古代史に興味があることもあって、バビロン捕囚あたりの詳細な流れが押さえられているのは嬉しいところ。また、知識の欠けていたプトレマイオス朝VSセレウコス朝の角逐や、イエス処刑後の66年に勃発したユダヤ大反乱あたりも細かく書かれている。

 私のように信仰心が無い人間にはどうしてこんなに熱心になれるのかと思わなくもないこともあるが、読み物としては得るものが多く面白かった。イスラム教支配のエルサレムについてももっと読まないと。

 今の世の中から眺めて皮肉に思うのは、十字軍の頃はキリスト教の方が文化的に劣っていて、そこに原因があるのか無いのかは知らないが、キリスト教の方が遥かに不寛容だった。近現代になって逆転後、イスラムは寛容さを失ったように見えてしまう。実際は、一部の過激派が目立っているだけなのではあるだろうけど。

 3つの宗教に関係があるエルサレムについての本だけに、宗教間の関係についても考えさせられる一冊。
関連記事
スポンサーサイト

その他歴史 | 2015/06/14(日) 01:22 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。