カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1655冊目 イエス・キリストの生涯 -  &1656冊目 人間イエスを科学する―キリストの心理分析 -
イエス・キリストの生涯 -
イエス・キリストの生涯 -

人間イエスを科学する―キリストの心理分析 -
人間イエスを科学する―キリストの心理分析 -


評価:☆

 『イエス・キリストは実在したのか? - 』が余りにも面白かったので、イエス本を続けて読んでみた。

 ……のだけど、「これは酷い」の一言。それ以上を費やすのは勿体無い出来で、ワタクシめの読書時間は勿論、こんなものに紙やインクを使っている事自体が勿体無いレベル。福音書にかかれていることが全部事実で、我がイエス様はぁぁぁぁぁぁぁ!世界一ぃぃぃぃぃ!!!な感じで、そりゃあ信仰持っている人はそれで良いけど、本にするならちっとは考えろよと言いたくなる。

 一応、『人間イエスを科学する―キリストの心理分析 - 』の作者は無神論者らしいが、特に根拠を示すこと無くイエスは特別な人だとかなんとか持ちあげるばかり。

 聖書が書かれたのは何時だろうか。最も早いもので、イエスが死んでから20年以上経ってからのものだ。20年も前の記憶が正しいことはあり得ない。

 スペースシャトルチャレンジャーが打ち上げ途中で爆発した印象的な事故について、この事故が起こった時あなたは何をしていましたかという質問に対して、事故直後と数年後で言うことが全然違うという調査がある。詳細を知りたい方は『抑圧された記憶の神話―偽りの性的虐待の記憶をめぐって - 』を御覧ください。

 まして、新興宗教の教祖のことだ。我々は、オウムの信者が麻原彰晃が奇跡を起こしたと主張していた事実を覚えている。彼がサリンによる大量殺人という犯罪を犯さずに、例えば信者を守って死ぬ(とも強弁できる)ような死に方をしていたら、今でも信者たちは彼の奇跡に尾ひれをつけて語り続けていただろう。

 福音書も同じだと考えるのが妥当である。イエスの弟子たちにとって都合の良いことばかりが、それも変質した記憶や、膨らんだ伝説が取り上げられるのだ。4つの福音書はそれぞれ矛盾し、死後60年も経ってから書かれた福音書で突然それまでになかった逸話が出てくることすらある。どう考えても、それは客観的な事実をあるがままに記したものではない。

 だからこそ、事実を抽出するのは、細心の注意を払わなければならない。

 なのに、こうした本の著者たちから、厳しく史料批判をしようという気概が見えないのは困ったものだ。

 例えば、ピラトがイエスをヘロデ王に渡すといったような、明らかな誤りもあるのにがっかり。ここで言うヘロデは、赤子大虐殺の汚名を着せられたヘロデ大王ではない(彼は紀元前4年に死んでいる)。その息子でユダヤの地を4分割したうちの1つの領主である。彼らは王位を名乗ることを許されなかった。

 十字架のシーンにしても、ローマでは反逆者以外には十字架刑を用いなかったのだから、イエスと共に死刑になったのも強盗ではない。煽動者、反逆者であるとローマがみなした者だ。

 こうした基本的な史実は押さえておいた方が良いと思う。別に、市井の個人なら構わないが、本を書くならね。このレベルで作家が務まるなら、私だってできる。もっと精進して欲しいものだ。

 というわけで、読むなら他の本を強くお勧めします。
関連記事
スポンサーサイト

未分類 | 2015/06/10(水) 23:24 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。