カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1639冊目 古代インドの科学思想
古代インドの科学思想古代インドの科学思想
(1988/10)
佐藤 任

商品詳細を見る


評価:

 インドについてある程度本を本を読んでみたので、科学史についても知ってみようと思って手にとった。ゼロの発見のように、インドの科学というのなら数学分野では功績を残したイメージが有る。それ以外の知識はほぼゼロである。

 近代科学について言えば、インドの功績はほぼ無い。黎明期についてはヨーロッパ以外の影響はほとんど無く、現代でも日本を始めとする例外が現れてきたと言うのが正しいだろう。しかし、古代インドでも人々はしっかりと世界を正しく理解しようと務めてきた。

 例えば、地水火風の4元素からなるというギリシアに匹敵するような原子論があったようだ。別の説では、これに空を加えた5元素だとし、それに5感を対応させて、治療方針にあてたという。もちろん、5元素からなるなどというのは現代科学の面からすればナンセンスでしかない。こんな治療を受けていた人々の健康が心配になるのではあるが、病気と治癒の背景にある本当の理由を探ろうとしたところは科学の萌芽として良いであろう。

 来世思想と結びついた身分制度も、誰もがそれを信じていたわけではないようだ。来世や魂を否定し、現世での幸せなり快楽を追求する一派もいたという。ところが、そのような考えが支配的になってしまえば、バラモンは困る。なにしろ彼らは身分制度にあぐらをかいて安楽な暮らしをしていたのだから。なので、バラモンによってこうした考えは激しく排斥されたようだ。既得権益を侵されるのを嫌うのはどこでも一緒ということか。だから、バラモンたちはこうした人々を無神論者として罵り、王には国が危うくなるのは無神論者のせいだと訴えたそうだ。

 面白いことに、仏教は原子論は受け入れた(ただし、大乗仏教は否定した)が、こうした合理的な考え方には反対する立場から、彼らの教義は批判の対象となり、無視されたようだ。

 インド思想と原子論は、始まりがなく全ては変転するという考えに結びつくというのは面白い。また、ゼロの発見にも触れられている。ここでもインドならではの思想的な背景があった可能性が指摘されている。思想は社会的背景を無視して存在し得ないことの証拠かもしれない。

 科学史に興味がある方でもなかなか触れることのできないインドの、それも古代の思想をしるにはうってつけ。かなり古い本なので入手すら大変だろうが、興味がある方はチャレンジしてみてはいかがだろうか。
関連記事
スポンサーサイト

その他科学 | 2015/04/11(土) 20:31 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。