カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

116冊目 はばかりながら
はばかりながら

浅利 佳一郎著

集英社 (2002.12)


評価:☆☆☆☆☆


 基本的に、生理的な欲求に従うことは快感につながる。喉が渇いたときに水を飲むこと然り、お腹がすいたときにご飯を食べること然り、眠くてたまらないときに眠りに落ちること然りである。多くのヒトは口にはしないであろうが、くしゃみをしたときもまた然りではなかろうか。もちろん、セックスも快感が付きまとう。これらは脳の報酬系と呼ばれる部位を活性化させるので、なんともいえない幸福感が湧き上がるわけだ。

 だがしかし、上に挙げた項目は、釣り合いが取れていない。なんとなれば、食べることと飲むことは挙げられているというのに、それと対であるはずの出すことについては書かれていないからだ。そう。うんことおしっこのことである。あろうことか、この本は終始その二つのこと+トイレについて書かれているという、呆れた本なのだ。著者たちが、出すほうについてのあまりの冷遇っぷりに憤り作り上げたのが”出口問題研究会”なのである。

 そして、いざ問題提起されてみると排出は誰にとっても必要なものであるから、面白い話が次から次へと出てくるのだ。たとえば、軍の特殊部隊は作戦行動中に催したらどうしているのか。各国のトイレ事情はどうか。本邦初の近代的トイレはどこにあってどんなものか。うんこやしっこの語源はなにか。そんな疑問を抱き、抱いたら調べてしまう出問研の人々。そして出問研の面子は行動力もある。科学博物館へ”みんなのうんち展”に行ってコアラの糞を食べるメンバーが居る。故郷の秋田に行ってなぜ昔はシダ類でおしりを拭いたのかを調べる人も居る。あるいは日本トイレ協会や居心地の良いトイレ造りに情熱を燃やす設計事務所ゴンドラの女性設計士・小林純子さんの話を聞く、といった感じで東奔西走。好奇心はとどまることを知らない。(少なからぬ時間をすごさなければならないトイレを少しでも居心地良くするために、トイレからのメッセージのような提言は重要になるのではないか)

 はばかりがあることばかりに触れているわけだが、排出やトイレについて面白おかしくしかも役に立つように書いてあるのが良いし、薀蓄が多いのも私好みである。はばかりながらもお勧めする次第である。もちろん、食事しながら読むことだけはお勧めしない。
関連記事
スポンサーサイト

未分類 | 2006/04/19(水) 22:55 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。