カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1636冊目 世界の歴史 3 古代インドの文明と社会
世界の歴史 3 古代インドの文明と社会 (中公文庫 S 22-3)世界の歴史 3 古代インドの文明と社会 (中公文庫 S 22-3)
(2009/06)
山崎 元一

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 インダス文明の本を読んで己の無知を痛感したので、古代インドについても少しは本を読んでみようと思った次第である。意気込んで読み始めたのだが、どうにも気の滅入る話が多い。というのも、差別が物凄いからだ。

 インダス文明では、住居や墳墓に大きな格差が見られないという。それだけ平等な社会だったのかもしれない。インダス川の流路が変わったことで文明は崩壊し、その後にアーリア人が入ってくる。

 この際に、ジャーティと呼ばれる、肌の色と出身に基づく枠組みが生まれ、更にヴァルナと呼ばれる聖職者バラモン、戦士階級クシャトリア、農民や商人のヴァイシャ、そしてシュードラと呼ばれる下層階級の4階層へ分かれていく。それぞれのヴァルナの中には更に細かな職業(カースト)が生まれ、複雑な上下関係をつくり上げる。

 これらの階級は生まれによって定まるため、生まれた段階で子供の一生は決まってしまう。才能も努力も無駄だ。一方で、同一カーストに属してその中で生きている分には最低限の生活は保証されるという。デメリットだけではないとうが、デメリットは余りにも大きいように思える。

 女性差別も酷い。女性というだけでシュードラと見なされ、寡婦ともなればほとんど人権は認められていない。慶事への参加どころか、粗末なものを身につけ、食事も最低限だという。おまけに、サティーと呼ばれる焼身自殺を遂げた寡婦は賞賛されるといったように、死が奨励されたともなると言語道断だ。

 こうした差別の理論的背景となったバラモン教に対して仏教やジャイナ教という、非伝統的な宗教が起こってきたのも当然だろう。仏教は民衆にも分かりやすいようにサンスクリット語ではなく民衆語で教えを説いた他、平等を説いていた。もっとも、女性へはそれなりに冷淡だったようだが。

 インダス文明から現代までざっと歴史を眺める中で、宗教や文化に光を当てているので、歴史好きなら楽しめるだろうと思う。また、マハーバーラタやラーマーヤナ、リグ・ヴェーダといった作品についても解説されているので、彼らの精神的な動きも感じることができるのが良いところ。

 差別とそれに対する動き、仏教の成立と発展、そしてインドにおける事実上の消滅までも追いかけているし、周辺国についてもきちんと取り上げられているので、世界史の中でインド史がどのような立場だったのかも感じられる。参考文献も多数挙げられているので、初学者には色々と参考になる。

 古代史に興味がある方はきっと楽しめるだろう。また、現代インドに興味がある方も、今のインドがどのように成立してきたかを知るのにうってつけかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

その他歴史 | 2015/03/26(木) 23:17 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。