カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1629冊目 図説 ペルシア
図説 ペルシア (ふくろうの本)図説 ペルシア (ふくろうの本)
(1998/11)
山崎 秀司

商品詳細を見る


評価:☆☆☆


 アケメネス朝ペルシアについて少し興味が湧いた。距離的にも時間的にも遠い彼方のペルシアだが、何故か分からないけれど親近感を抱いてしまうのはシルクロードを通した交易の証拠が正倉院にあるからだろうか。しかし、ペルシア中心の本となると中々見当たらないことに気がついた。多いのはギリシア側から描いたものや、アレクサンドロス大王に征服される前後の話。なるほど、ギリシアの黄金期だから、取り上げたい気持ちは分かる。

 図書館で検索したら引っかかってきたのが本書。ペルシアに興味をもったから読んでみたいというレベルの私にはちょうど良さそうと思った通り、図版を多く用いながらアケメネス朝ペルシアに始まり現代に至るまでのペルシアを解説してくれていた。

 印欧語族であるペルシア人が、先行するバビロニアやアッシリアを制して西アジアに覇を唱えたのが、アケメネス朝ペルシアである。最盛期はインダス川からエジプトにまで至る大帝国を築き上げた。アケメネス朝はアレクサンドロス大王によって滅ぼされてしまったが、後にはササン朝が興り、国はイスラムに飲み込まれても文化は後世に残すことができた。

 歴史の流れに加えて、文化的な遺産も見せてくれるのが嬉しいところ。例えばアケメネス朝時代に作られたペルセポリスの遺構やダレイオス大王の宮殿跡、ダレイオスが反乱者を叩き潰して(簒奪だったという説もあり)権力を握ったことを記念するベヒストゥン碑文といった遺物を見ることができる。特にベヒストゥン碑文は、古代語を読み解けるようになるきっかけとなった貴重なものである。

 他にも、見事なペルシア絨毯や遊牧民の生活も取材されている。遊牧もこの地方で始まったことを考えながら眺めるのがとても楽しかった。入門書としてどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト

その他歴史 | 2015/03/09(月) 21:56 | Trackback:(0) | Comments:(2)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ


自分が歴史に興味を持つきっかけとなったのは今の中東の古代史です。ペルシャ帝国やアレクサンダーの帝国などを地図に書き写した思い出があります。この辺の時代、古い割には記録がたくさん残っていて興味がわきますよね。
2015/03/14 土 12:48:25 | URL | ゆうちゃん #-編集
私は三国志からでした。
そこから史記に遡って、同じように古い時代なのに記録が沢山残っていたことに驚きました。
卑弥呼のことも外国の記録から知るしか無いわけですから、同時代になんという差かと思ったものです。

中東も面白い話に事欠きませんよね。
読み返してつくづくそう感じました。
2015/03/16 月 00:19:55 | URL | Skywriter #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。