カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1621冊目 「ニセ医学」に騙されないために 危険な反医療論や治療法、健康法から身を守る!
「ニセ医学」に騙されないために   危険な反医療論や治療法、健康法から身を守る!「ニセ医学」に騙されないために 危険な反医療論や治療法、健康法から身を守る!
(2014/06/25)
NATROM

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆☆


 テレビを見ない、雑誌も読まないといった私の目にすら、怪しげな健康法が目につく。○○を食べれば健康になるだとか、ガンが治るだとか、放射能を分解するとか、凡そ信じられないようなものだ。多くの人は、普段ならこんなデタラメに騙されることはないだろう。しかし、自分や親しい人が死にかけたらどうだろうか?

 母が病に冒された時、母の兄(私の伯父)は、アガリクスを勧めてくれた。その時にはまだ分からなかったが、伯父もまた死病に冒されていた。2人とも正統的な医療を受けるのと平行してアガリクスを煎じて飲んでいたが、助かることはなかった。病気の内容を考えれば、それが必然的な帰結だったと思う。治療にあたってくれた医療関係者へは感謝の念しか無い。

 こうした時、すがる気持ちは分からなくもない。だが、私は当時から効果に疑問を抱いていたし、己が同じ立場になったとしても、代替医療に頼る気はない。何故か?効かないからだ。

 確かに、こうした代替医療には奇跡を謳うような体験談が並ぶ。しかし、仮に体験談が事実であったとしても、それは効果があることの保証にはならない。どれだけ体験談を積んでも同じだ。例えば、インフルエンザに罹った人が居るとしよう。その人物に抗生物質を処方するとする。彼ないし彼女は回復するだろう。では、それは抗生物質を摂ったためだろうか?違う。インフルエンザに抗生物質は効かない。抗生物質は、細菌には効くがウイルスには効かないからだ。インフルエンザから回復したのは、自然治癒に過ぎない。

 同様に、ガンと言われて代替医療に頼って、暫くしてから受診するとガンではないと言われたとしよう。だとすれば、最も高い可能性は、もともとガンではなかった、ということだ。

 誤診ではないかと色めき立つ方も居るかもしれないが、これはガンによる死者を避けようとしたら当然のことだ。ガンであるかも知れない人をできるだけ広く掬いあげて精密な検査をしようとすれば必然的に起こるのである。逆に、精度よくガンである人だけを最初のスクリーニングで拾い上げようとすると、実際はガンなのに拾い上げられない人が出てくる。前者を第一種過誤、後者を第二種過誤と言う。どちらがより問題かといえば、後者だろう。

 本書は、こうした効きもしないのに誤解や悪意によって広まってしまっている代替医療を厳しく批判するものだ。

 類書は、少なからず存在する。そうした中で本書の価値が高いのは、日本で蔓延る問題にスポットライトを当ててくれているところだろう。

 抗癌剤は毒にしかならないだとか、ワクチンは全般に打たなくて良い、特に子宮頸がんワクチンは効果が薄く害の方が大きいといった類のことを聞いたことがある方も多いだろう。どれも間違いだ。ワクチンの最大の恩恵は、致死率が40%にも及ぶと言われる天然痘の駆逐や、四肢の不随を伴う小児麻痺といった病気を身近から追放できたことにある。それと同じことを、麻疹のような病気にも行うべきだ。天然物信仰によって自然に罹り自然に治癒することを目指すというのは、実は危険である。というのも、ワクチンは無毒化あるいは弱毒化されているが、天然株ではそのようなことはない。善意のつもりが重篤化させるリスクがある。

 ホメオパシーについては山口県で愚かな助産師により赤ん坊が死亡した痛ましい事件が有名だろう。これも批判されているし、他にもOリングテストやらガンに炭酸水素ナトリウムが効くといったことも取り上げられている。

 現代医療、代替医療と論じて、最後には健康食品についても批判の矢が突き刺さる。色々なものをバランスよく食べる、塩分は控えて野菜は多めに、といった基本を守る以外に、健康に益する方法は無い。また、一度病気になってしまったものを食べて治すのはナンセンスだということが良く分かる。というよりも、それを教えてもらわないと行けないというのが困った状況なのだろうが……。

 聞いたこともないような珍説奇説についてもきちんと取り上げ、根拠を示した上で批判しているのは、藁にもすがりたいという人々へもためになるのではないだろうか。特にアガリクスにかぎらず、健康と信じることによって逆に健康を損ねるケースもあることが紹介されていることは大きい。やはり、治療の際に頼るのは、きちんと統計的に正しさを示された方法にするべきだと思わされた。

 読みやすく分かりやすく、しかもためになる。素晴らしい本。特に、心が弱まったときにこそ読みたい本。

 ちなみに、私はガンを宣告された時にも代替医療に頼ろうなどとは露ほども思わなかった。次に病気になった時にも同じようでありたいものだ。
関連記事
スポンサーサイト

医学・脳・精神・心理 | 2015/02/09(月) 19:44 | Trackback:(0) | Comments:(10)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ


最近は健康番組が大流行りですね。それに最近、他ならぬ医師が書いた「ガンは医者にかかるな」みたいな本の広告を見かけました。

病気が治癒するかどうかは、疫学的調査や統計的な処理をしないと何とも言えないということですね。
2015/02/10 火 23:35:05 | URL | ゆうちゃん #-編集
ゆうちゃんさん、健康情報は困ったことにオカルトに結びつきやすいようです……。
近藤誠医師の『患者よがんと闘うな』あたりも相当批判されておりますし……

> 病気が治癒するかどうかは、疫学的調査や統計的な処理をしないと何とも言えない
とのご指摘は本当にその通りだと思いますので、冷静に判断したいと強く思います。
2015/02/12 木 22:48:46 | URL | Skywriter #-編集
ニセ医学が正しくなければ、自動的に現代医学の標準医療が正しいことになるのでしょうか?メカニズムの解明を行わずに疫学や統計学を適用することは、ニセ医学同様の被害を患者たちにもたらしている。たとえば、ステロイドの副作用やがん治療の混迷である。
これは、物理・化学の法則にしたがってメカニズムの解明を行うことによってのみ解決可能となるのである。単なる検証にすぎない疫学や統計学を適用しても、なんら問題の解決にならず、多くの問題がある標準医療を擁護しているだけである。 

著者は、医師なのだから医学知識はあるだろうが、科学の体系や科学研究の論理・方法を十分に理解しているとはいえない。このような人物が詭弁・強弁を交え、ニセ医学狩りを楽しみ、執拗に他者を攻撃している。このようなことは医学の進歩を妨害し、結果的に患者たちのためにならない。安易なニセ医学批判は、ニセ医学と同様に有害であることに気づき、著者を礼賛することは終わりにすべきだろう。
2015/02/14 土 08:59:26 | URL | protomed69 #-編集
勿論、ニセ医学の正しさと現代医学の標準医療の正しさは別個に論じなければなりません。その前提はあるとしても、ニセ医学を批判するのは極めてまっとうな行為であるし、またそれは必要なことです。むしろ害にしかならないニセ医学は存在しますからね。

ステロイドの濫用があり、副作用に苦しむ人がいるのは事実だとして、それは全ての人がステロイドを使わない理由にはなりません。ガン治療も完全とは言い難いのは事実ですが、標準医療を排除する理由にはなりません。

物理的・化学的な背景が必要なのは論を待ちませんが、人体はあまりにも複雑で、半ばブラックボックスのようなものです。だから、統計的に評価することが必要なのです。例えば、イギリスでコレラが蔓延していた時、特定の井戸を使った人から患者が集中していることが分かりましたが、当時は細菌学は未発達で、井戸がコレラ菌に汚染されていたことなど誰も知ることはできませんでした。役立ったのは統計です。

代替医療と名乗るニセ医学は、統計を使いません。なぜか?効果が無いことがバレてしまうからです。大人がだまされるのは本人の勝手ですが、子供を巻き込むのは許せませんので、この本は非常に高い価値を持つと思います。
2015/02/17 火 19:34:04 | URL | Skywriter #-編集

例えば、喘息にはステロイドの使用が標準治療とされているが、物理的に治療を行えば1回の治療で完治させることもできるのですよ。さらに多くの病気に適用される、うつ病も、耳鳴りも、肝炎も、皮膚病もetc

複雑に見える現象から単純な法則を抽象するのが科学というものでしょう。それができない、しようとはしない現代医学が正しいというのでしょうか。

統計学を適用してもよいのは、原因が単純な場合の疫学に対してだけです。臨床に適用することは間違いです。例えば、壊血病と喘息を考えてみましょう。壊血病は分子機械の補酵素であるビタミンCの不足ですから、投与した場合と非投与の場合の比較対照ができます。喘息の場合は、いろいろな分子機械の構造が正常でないためであり、その組み合わせや分布を考慮しなければならず、比較対照は意味がない。理論的に異なる病気であり、同じカテゴリーとして扱うことはできないのです。統計学の乱用は数学的遊戯にすぎない。

ニセ医学を横行させているのは現代医学であり、ニセ医学とニセ医学批判は共依存関係にある。ニセ医学を批判しても消滅しません。現代医学が変われば、批判しなくても消滅していくでしょう。
2015/02/19 木 04:41:08 | URL | protomed69 #-編集
丁寧な解説、深謝です。

当方は、物理療法が効果があるなら、それを統計的に示すことが出来るはずであると考えます。そして、挙証責任は効果があると唱える側である(逆は悪魔の証明となり、不可能である)と思います。物理療法がそれほどまでに高い効果を持つのであれば、単純に標準医療を受けた群と物理療法を受けた群を比較するだけでも十分でしょう。効果の差が大きければ大きいほど、雑な比較でも判断ができますから。

統計学に関しては、凄まじく複雑な機序で発症するガンについて有効ですから、他の病気にも十分に適用可能でしょう。数学的なテクニックを使う前に、きちんと層別を行えば済む話です。それをやっても100%治すことが出来るわけではないというが批判の主眼であれば、仰るとおり、そんなことは出来ませんから、現代医療は完全ではなく問題があると言うことは可能だと思います。

私は、ニセ医療が蔓延るのは、人間の認識力に限界があるからであると考えています。でなければ、ホメオパシーのように効果が無いことが明白な手法が生き残れる訳がないのです。正直に思うところを言えば、批判があろうとなかろうと、他に有効な治療法があろうとなかろうと、彼らは根絶されはしないでしょう。だからこそ、定期的にきちんと批判が行われることは重要であると思います。
2015/02/19 木 21:29:41 | URL | Skywriter #-編集

物理療法は物理法則に根拠をもっており、決定論です、確率論ではありません。したがって、統計学の適用はNGです。これは物性物理学や生物物理学を読めば理解可能なことです。

疫学は集団を対象とし、傾向を探ることが目的なので統計が適用できます。臨床は個人が対象であり治療が目的です。人体は物質から構成されているので物理・化学の法則に従っています。物理・化学の法則は、適用範囲がありますが決定論です。それを応用して治療を行うのですから、統計学を適用することは無意味です。
2015/02/20 金 01:38:09 | URL | protomed69 #-編集
決定論だろうと確率論だろうと、物理療法で顕著な効果があるならそれを示せばいいだけの話です。顕著な効果があるかどうかは統計以外では示すことができません。ある処置を行った群と行わない群で治癒率を比較すればいいだけの話です。それをしないのは、効果が無いことの誤魔化しです。まずは、効果がはっきりしていると、物理療法を持ち上げる側が証明すれば良いでしょう。

疫学だけが統計じゃありません。また、物理でも統計は極めて当たり前に使うテクニックです。だからこそ、こうしたアピールが存在するのです。
http://jody.sci.hokudai.ac.jp/ja/index-frame.html

セーガンに倣って、トンでもない主張をするならトンでもない証拠を出せば済むことです。
2015/02/21 土 18:42:23 | URL | Skywriter #-編集

トンでもない主張ではありませんよ。
統計以外では有効性を示すことはできない?
そのようなことはないでしょう。反対に、統計をもちこむことで無用な混乱を起こしているのです。確かに物理では、統計は極めて当たり前に使うテクニックです。しかし、物理学者ならば、適用すべき対象であるかを十分吟味のうえ適用するでしょう。階層や領域が異なれば、研究の論理や方法も異なるからです。

これで打ち切りにしましょう、Re:コメントは不要ということに。

2015/02/21 土 22:54:54 | URL | protomed69 #-編集
私もこれで終わりにしますが、検定の考え方は身につけて損をすることは無いと思いますよ。この場合、目的変数を治癒率にすれば統計が使えることは明白ですから。

私は職業柄、検定あたりは研修を受けさせられました。業務でそうしたテクニックを使っているかと問われると疑問ですが(Cpkくらいは使いますけど)、考える役には立っているかもと思っています。
2015/02/22 日 09:53:22 | URL | Skywriter #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。