カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1618冊目 牧夫の誕生――羊・山羊の家畜化の開始とその展開
牧夫の誕生――羊・山羊の家畜化の開始とその展開牧夫の誕生――羊・山羊の家畜化の開始とその展開
(2010/10/29)
谷 泰

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 イヌ、ネコに続いて家畜化されたのが、ヒツジとヤギである。今から6000年ほど前のことだ。

 家畜化された場所がメソポタミアであることは分かっていたが、他は分かっていないことが多い。というのも、牧畜の開始や発展には、目立った道具を必要としないからだ。当時はまだ文字も無かったので、証拠が全くない。それでも、本書を読むと分かったことが多いことに驚かされる。

 従来、狩猟採集から遊牧を経て農耕が始まったとする説があり、エンゲルスがこれを支持したこともあって、こう思う人が多そうだ。しかし、農耕の開始は遊牧に先行し、しかも同じ地域で発達したことからこの説は誤っている。むしろ、農耕が先で、遊牧が後である。

 重要なのは、遊牧が開始されて、乳製品の利用が始まったことだろう。本書はなぜ、どのようにして乳製品の利用が始まったかを、家畜化によって母子関係への人手の介入が必要となり、それは孤児や母子関係を上手く結べなかった幼い個体を保護する必要から、実子以外への乳の利用がされるようになったとしている。説得力に富むのは、通常、動物は実子以外への哺乳は行わないことだ。ネコは例外的な存在だが、これも人間社会で暮らすことで他のネコが生んだ仔と接触することになったというイレギュラーな状態があるからに過ぎない。

 また、本書では宦官制度の始まりについても推測を交えながら語っている。それによると、メソポタミアでは既に宦官が利用されていた記録があるが、動物の去勢と関係が深いとみられるという。

 女奴隷が子を産んだ場合、娘であれば母親と同じ生き方をするが、息子であれば肉体労働に従事させられる。この際の男子を指す言葉が、去勢されたウシと同じ単語である、という。そこから、恐らく彼らは去勢されていたとみられるのだ。

 他にも、ヒツジの群れをコントロールする方法のように、牧畜を知らない人には想像も出来ないようなことが多く紹介されていて、知的好奇心が刺激された。
関連記事
スポンサーサイト

生物・遺伝・病原体 | 2015/02/02(月) 19:02 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。