カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1611冊目 今そこに迫る「地球寒冷化」人類の危機
今そこに迫る「地球寒冷化」人類の危機今そこに迫る「地球寒冷化」人類の危機
(2009/12/16)
丸山 茂徳

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 地球は人間の排出した二酸化炭素のせいで温度が上がり、それは環境を大きく変えることで生物多様性に大ダメージを与えようとしている。

 地球温暖化論に対して、様々な懐疑論がある。しかし、本書は懐疑論ではない。むしろ、対立する説の提示であるというのが相応しいだろう。地球は今、寒冷化している。そして、寒冷化こそが、真に人類へ大ダメージを与える、と著者は述べる。

 京都議定書が採択されたのは、1997年。その時から、二酸化炭素の排出量は減少どころが激増している。ひとつは、先進国の削減が進んでいないこと。いや、日本のようにむしろ増加しているところがあること。そして、中国の経済伸張に見られる、経済成長の著しい国々からの排出量が増えていることによる。

 もし、二酸化炭素による温暖化論が正しいのなら、地球の温度上昇は輪をかけて上昇しているはずである。それが、モデルに基づく理論の予想するところであろう。では、実際はどうだろうか?こちらのリンク先をご覧頂きたい。石井吉徳Blog: 地球は有限、資源は質が全て

 2010年までのデータしか無いが、二酸化炭素濃度は戦慄すべき勢いで上昇しているのに対して、気温は2003年をピークに、むしろ下降している。ということは、モデルがどこかおかしいということだ。何がおかしいのか?それは、地球の気温に関与しているのが二酸化炭素を始めとする温室効果ガスだけであるという前提である。その前提で、事実を説明できないのであれば前提が間違っているのだ。

 本書は、もっと他のメカニズムによって、地球は寒冷化に向かっていると警鐘を鳴らす。その中心にあるのは、太陽活動。

 地球には様々な宇宙線が降り注いでいる。この高エネルギー粒子は大気上層部で空気と衝突し、イオンを生む。イオンは水滴の核となる。つまりは、雲が増えるのだ。雲は太陽光を効率的に反射してしまう。宇宙線の入射量と、地球の気温の間には大きな関係があるのだ。

 太陽が活発でも低調でも、地球が受け取る太陽の熱エネルギーはほぼ変わらない(だから、太陽定数と呼ばれる)のだが、この宇宙線入射量に対して太陽の活動が関係してくる。太陽活動が活発だと、この宇宙線を防いでくれるのである。ということは、太陽活動が低下すると入射する宇宙線の量が増え、雲が増え、宇宙に跳ね返される太陽からの光の量が増える。すると、地球の温度は低下するというわけだ。

 こうしたメカニズム以外にも、地球の温度を大きく変えるミランコビッチサイクルと呼ばれるサイクルもある。

 著者は、上記のような根拠と、実際に地球の気温が低下していることから、温暖化論を厳しく批判している。むしろ、寒冷化に備えるべきである、と。気温の低下、特に夏季の温度低下は食料生産を直撃するのだから、温暖化よりも寒冷化を懸念するのは当然のことだろう。

 プルームテクトニクス論を唱える等、地球のダイナミックな動きについて常に考え続けてきた著者だからこその説得力。温暖化論に関心がある方は是非読んでみて欲しい。ただ、温暖化を批判しようとするあまり、アンケートで「今後一方的に気温が上昇するか?」というアンケートでいいえと答えた科学者が多いと、温度上昇とはまた異なる観点のことを聞きながら、読者には科学者の多くが温暖化に賛成していないと考えさせるように書くのはミスリードを誘うと言われても仕方がないと思う。例えば、一方的ではなく、昇降を繰り返しながら平均としては上がっていくという人は上記の問いにはいいえと答えるしか無いからだ。

 こうした点もあるが、その確かな視点と事実の提示からは得られるものが多いと思う。
関連記事
スポンサーサイト

環境 | 2015/01/12(月) 19:10 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。